「2015年11月」の記事一覧

年収3000万、勝ち組グラビアアイドル川村ひかるを襲った未破裂脳動脈瘤

十代からグラビアアイドルとして人気を博し、2004年には美と健康生活を提案する自社SNOW PICTUREを設立。健康管理士やジュニア野菜ソムリエほか数多の資格を活かして、大手カフェ店舗のメニュー開発や自社化粧品のプロデュースも手掛けている才色兼備タレントの川村ひかる(36…続きを読む

年収3000万、勝ち組グラビアアイドル川村ひかるを襲った未破裂脳動脈瘤

あなたのその姿勢が腰痛を生む~そもそも「良い姿勢」「悪い姿勢」って何?

腰痛になった時、「姿勢が悪いからですよ」「姿勢をよくしましょう」とアドバイスを受けた人は多いのではないだろうか? 実際に腰痛と姿勢については、昔から様々な研究や検証が行われており、避けては通れない問題であることは間違いない。なぜ腰痛と姿勢が関係あるのか? そもそも、「良い姿…続きを読む

あなたのその姿勢が腰痛を生む~そもそも「良い姿勢」「悪い姿勢」って何? 

北米日産がLGBT団体の企業格付で30点! LGBT支援は避けられない潮流

今やセクシュアル・ダイバーシティ(性の多様性)を尊重し、セクシャル・マイノリティ(性的少数者)であるLGBTの権利を保護するのは、グローバル・スタンダード(世界標準)になっている。LGBTは、上司や同僚、取引先や顧客、家族や友人や恋人、消費者として社会生活を営んでいる。国や…続きを読む

北米日産がLGBT団体の企業格付で30点! LGBT支援は避けられない潮流
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志