「2015年11月」の記事一覧

大沢樹生の「親子関係裁判」はDNA鑑定で勝訴! 喜多嶋舞との子どもの本当の父親は?

元光GENJIの俳優・大沢樹生(46歳)と元妻の喜多嶋舞(43歳)の間に生まれた長男(18歳)が大沢の実子かどうかを確認する訴訟で、11月19日、東京家裁は、原告・大沢の主張どおり、親子関係はない(親子関係不存在)の判決を下した。 判決によれば、理由は2つある。大沢…続きを読む

大沢樹生の「親子関係裁判」はDNA鑑定で勝訴! 喜多嶋舞との子どもの本当の父親は?

「理想的な姿勢」は存在しない~「同じ姿勢を続けること」が病気のリスクに

前回、腰痛と姿勢の関係、「そもそも良い姿勢とは何か」ということを説明した。今回はより具体的に、腰痛と良い姿勢の関係について考えていきたい。 たとえば、米国整形外科学会(AAOS)では、仕事中に腰痛を感じたらオフィスの椅子や座り方に問題がないか点検するべきあり、それには次…続きを読む

「理想的な姿勢」は存在しない~「同じ姿勢を続けること」が病気のリスクに

クルマの騒音が寿命を縮める! 高齢者の脳卒中リスクは9%も上昇

テレビや新聞で時々見かける、住民同士の騒音トラブル。「世知辛い世の中になったなぁ」と思う半面、街の賑やかさには割と無頓着な人が多いのではないだろうか。 そう、静かな環境を求めて居住する人にとっては小さな雑音も耳障りだが、便利さ優先で都会に住む人にとっては、絶え間ない交通…続きを読む

クルマの騒音が寿命を縮める! 高齢者の脳卒中リスクは9%も上昇
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志