「2015年11月」の記事一覧

大沢樹生の「親子関係裁判」はDNA鑑定で勝訴! 喜多嶋舞との子どもの本当の父親は?

元光GENJIの俳優・大沢樹生(46歳)と元妻の喜多嶋舞(43歳)の間に生まれた長男(18歳)が大沢の実子かどうかを確認する訴訟で、11月19日、東京家裁は、原告・大沢の主張どおり、親子関係はない(親子関係不存在)の判決を下した。 判決によれば、理由は2つある。大沢…続きを読む

大沢樹生の「親子関係裁判」はDNA鑑定で勝訴! 喜多嶋舞との子どもの本当の父親は?

「理想的な姿勢」は存在しない~「同じ姿勢を続けること」が病気のリスクに

前回、腰痛と姿勢の関係、「そもそも良い姿勢とは何か」ということを説明した。今回はより具体的に、腰痛と良い姿勢の関係について考えていきたい。 たとえば、米国整形外科学会(AAOS)では、仕事中に腰痛を感じたらオフィスの椅子や座り方に問題がないか点検するべきあり、それには次…続きを読む

「理想的な姿勢」は存在しない~「同じ姿勢を続けること」が病気のリスクに

クルマの騒音が寿命を縮める! 高齢者の脳卒中リスクは9%も上昇

テレビや新聞で時々見かける、住民同士の騒音トラブル。「世知辛い世の中になったなぁ」と思う半面、街の賑やかさには割と無頓着な人が多いのではないだろうか。 そう、静かな環境を求めて居住する人にとっては小さな雑音も耳障りだが、便利さ優先で都会に住む人にとっては、絶え間ない交通…続きを読む

クルマの騒音が寿命を縮める! 高齢者の脳卒中リスクは9%も上昇
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純