連載「眼病平癒のエビデンス」第10回

亀田大毅が引退を決断した「網膜剥離」とは? 格闘技以外のスポーツも要注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kamedadaiki.jpg

網膜剥離のため引退を決めた亀田大毅選手(写真は公式ブログより

 ボクシングの元世界チャンピオンの亀田大毅さんが網膜剥離で視力が低下したため引退するとの報道がありました。ボクシングをはじめとする格闘技で、網膜剥離のために引退した選手は少なくありません。

 今回は、網膜剥離とはどのような疾患か概説致します。

どの年齢でも起こりうる病気

 人間の目はよくカメラにたとえられますが、カメラのフィルムにあたるのが網膜です(図1)。目の中に入った光(映像)が網膜に当たると、それを電気信号に変えて視神経から脳へ送られます。

moumakuhakuri0001.jpg

【図1】目の断面図

 網膜剥離は、網膜(10層構造)が9層目の「視細胞」と10層目の「色素上皮細胞」の間で剥れてしまう病気です。網膜剥離になると、剥がれた部分の映像が見えなくなります(図2)。視細胞には再生能力があるので、早期に治療すれば治癒する病気です。

 しかし、黄斑部(おうはんぶ)と呼ばれる物を見る中心部分が剥れると、著しく視力が低下し、治療しても正常な視機能の回復は困難になり失明にいたることもあります。

moumakuhakuri0002.jpg

【図2】視野欠損のイメージ

 網膜剥離には、網膜にあいた穴が原因となる「裂孔原性(れっこうげんせい)」と糖尿病網膜症などが原因となる「非裂孔原性」があります。一般的に言われる網膜剥離は裂孔原性のことをさし、若年者(10〜20代)と中高年者(50〜60代)に多く見られますが、どの年齢でも起こりうる病気です。

飛蚊症と光視症

 目の中は硝子体(しょうしたい)というゲル状の物質で満たされており、硝子体と網膜は癒着しています。それが年齢とともに硝子体のゲルが変化して網膜との癒着が剥がれていきます。このとき癒着が強い部分があると、網膜を牽引して網膜に裂孔を作ってしまいます。網膜剥離はその裂孔を通って、硝子体側から視細胞層と網膜色素上皮層の間に硝子体の液化した水が入り込み、網膜剥離を起こします。

 このような目の中の変化は、後部硝子体剥離といって中高年の方の網膜剥離で主に見られる現象です。一方で、強度近視で網膜に薄い箇所がある方や外傷を受けた方は、年齢に関係なく若い方でも網膜剥離になることがあります。

 初期の症状として多いのが、飛蚊症や光視症です。明るいところや白い壁などを見たときに目の前に虫や糸くずのようなものが飛んで見えるのが飛蚊症です。

 ほとんどの場合は、生理的なもので硝子体の変化による混濁が影となって網膜に映っているもので心配はないのですが、飛蚊症の数が増えたり大きくなったら、裂孔や網膜剥離になりかけている可能性があります。網膜剥離を起こしている場合は、視力が低下したり、視野が暗くなったり、視野欠損が起こります。また、硝子体と網膜の癒着が剥がれる時に光が走ったように見えるのが光視症です。

格闘技だけでなくサッカーも注意

高橋現一郎(たかはし・げんいちろう)

東京慈恵会医科大学眼科学講座准教授
1986年東京慈恵会医科大学卒業、98年東京慈恵会医科大学眼科学教室講師、2002年Discoveries in sight laboratory, Devers eye institute(米国)留学、06年年東京慈恵会医科大学附属青戸病院眼科診療部長、東京慈恵会医科大学眼科学講座准教授、2012年より東京慈恵会医科大学葛飾医療センター眼科診療部長。日本眼科学会専門医・指導医、東京緑内障セミナー幹事、国際視野学会会員。厚労省「重篤副作用疾患別対応マニュアル作成委員会」委員、日本眼科手術学会理事、日本緑内障学会評議員、日本神経眼科学会評議員などを歴任。

高橋現一郎の記事一覧

高橋現一郎
まさか20〜30代で「更年期障害」の症状が! まずは卵巣機能低下や自律神経失調症を疑え 
インタビュー「若年性更年期障害」第1回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

更年期障害といえば40代後半から50代の病気と思われがちだが、20〜30代で同様の症状が現れる患者も増えている。その症状と原因、治療、予防について、ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師に訊いた。