「2015年11月」の記事一覧

「ぎょう虫検査」全国集団検査が廃止 感染を防ぐには?

丸の描かれたセロテープを、寝起きのお尻にペタリ。誰もが経験したあの「ぎょう虫検査」が、来年度からなくなるかもしれない――。 そもそもぎょう虫とは、白い糸のような姿をしている寄生虫だ。オスは2~5ミリ、メスは8~13ミリほどの大きさで、ヒトだけに寄生する。卵の状態で口に…続きを読む

「ぎょう虫検査」全国集団検査が廃止 感染を防ぐには?

毎年平均129人が学校で死亡!? オトナ目線で気づけない“子どもの脅威”

子どもにとって安全な場所・時間が少なくなってきました。子どもの安全を守ることは、今や喫緊の課題です。少子化が進む日本で、どうやって未来を託す子どもたちを育てていくか、大人たちが考えなくてはならないことです。今回は、あまり知られていない、子どもにとっての脅威についてご紹介しま…続きを読む

毎年平均129人が学校で死亡!? オトナ目線で気づけない“子どもの脅威”
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志