「2015年11月」の記事一覧

「ぎょう虫検査」全国集団検査が廃止 感染を防ぐには?

丸の描かれたセロテープを、寝起きのお尻にペタリ。誰もが経験したあの「ぎょう虫検査」が、来年度からなくなるかもしれない――。 そもそもぎょう虫とは、白い糸のような姿をしている寄生虫だ。オスは2~5ミリ、メスは8~13ミリほどの大きさで、ヒトだけに寄生する。卵の状態で口に…続きを読む

「ぎょう虫検査」全国集団検査が廃止 感染を防ぐには?

毎年平均129人が学校で死亡!? オトナ目線で気づけない“子どもの脅威”

子どもにとって安全な場所・時間が少なくなってきました。子どもの安全を守ることは、今や喫緊の課題です。少子化が進む日本で、どうやって未来を託す子どもたちを育てていくか、大人たちが考えなくてはならないことです。今回は、あまり知られていない、子どもにとっての脅威についてご紹介しま…続きを読む

毎年平均129人が学校で死亡!? オトナ目線で気づけない“子どもの脅威”
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波