シリーズ「子どもの心と体の不思議のサイエンス!」第11回

利き手は3~4歳の頃に決まる!? 赤ちゃんの手の動きを見れば発育状態がわかる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
09656-2.jpg

あなたは右利き?左利き?(shutterstock.com)

 人間の脳の大脳皮質は、知覚、思考、推理、記憶、随意運動などの高次機能を司る生命活動の司令塔だ。この大脳皮質の中心溝の前側に、骨格筋など、体のさまざまな部分の随意運動をコントロールする運動野(うんどうや)という部分がある。運動野の中でも特に細かい運動が必要な手や唇や顔には、運動神経細胞が集中し、広い面積を占めているので、指先や口唇の細かい動きができる仕組みになっている。

 だが、赤ちゃんの脳と手の連携プレイは、最初からスムーズにはいかない。赤ちゃんは、時間をかけて手を動かす練習を重ねていく。赤ちゃんの手の動きの変化を追ってみよう。

 まず、げんこつ期。生まれたばかりの赤ちゃんは、手を軽く握ったままだ。手のひらに触れるものは、何でも握りしめようとする。2ヶ月ころには、親指を離せるようになり、指しゃぶりを始める。

 3〜6ヶ月ころになると、握りしめ期へ。ものを握ったり、目の前のものに手を伸ばそうとする。5ヶ月ころには、手のひら全体でものを、わしづかみする仕草を見せる。ガラガラや鈴のおもちゃなどを握って、音を出して楽しむようになるのも、この時期だ。だが、ものを握れるようになっても、放すのは、なかなか思い通りにいかない。ものを置くというよりも、落とすようにパッと手を放す。

 7〜9ヶ月ころになると、手さし・指さし期に入る。親指が他の指と完全に離れるので、親指を使って、ものを挟んでつかめるようになる。最初は、興味のあるものに対して、手全体を差し伸べる手さしが現れる。人さし指を立てる動きができるようになると、より正確にものを指さしできるようになる。

 1歳ころになると、親指と人さし指が自由に動かせるつまみ期になる。でも、最初は、親指と人さし指を使ってものをつかむ、はさみ握りだが、次第に小さなものも指つかみできるようになる。小さなものも指つかみできるようになると、誤って飲み込むことがあるので、注意してあげよう。

 1歳以降は、両手期になる。両手をうまく組み合わせて動かしたり、手首をひねるなどの複雑な動きを始める。たとえば、ビンの蓋を開けたりする。身の回りのものなら、何にでも興味が湧くので、いたずらをする時期でもある。

まだよく分かっていない利き手の不思議!

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆