「2015年11月」の記事一覧

松尾芭蕉の死因は? 食中毒、赤痢、感染性腸炎、胆石症、それとも旅の疲れ!?

1644(寛永21)年、松尾芭蕉は、阿拝郡柘植郷(現在・三重県伊賀市柘植)に生誕(月日は不詳)。父・松尾与左衛門と母・梅の寵愛を受けた次男坊は、利発ながら、日がな駆け回る腕白少年だった。 45歳の芭蕉が 、弟子・河合曾良(かわいそら)を道連れに、江戸から陸奥、松島、出羽…続きを読む

松尾芭蕉の死因は? 食中毒、赤痢、感染性腸炎、胆石症、それとも旅の疲れ!?

不治のサカナクション・山口一郎、完治の千原ジュニア。明暗を分けた突発性難聴とは!?

J-popの最前線を驀進中のロッカーと、お笑い界の王道を順風満帆で歩むカリスマ芸人が計らずも相前後して「突発性難聴」に見舞われた事実をテレビ番組内で告白。読んで字の如しの症状ではあるものの、「耳」をめぐる両者の明暗はくっきり分かれたようだ。 人気ロックバンド・サカナクシ…続きを読む

不治のサカナクション・山口一郎、完治の千原ジュニア。明暗を分けた突発性難聴とは!?

“表現の自由”の行方~改正児童ポルノ禁止法では子どもを守れない!?

漫画における児童の性的シーンは、「表現の自由」に含まれるか? 日本の漫画をめぐるそんな議論が、ついに国連関係者にまで持ち出された。 10月26日、国連の「子どもの売買、児童買春、児童ポルノ」に関する特別報告者のマオド・ド・ブーアブキッキオ氏が、1週間の日本視察を終え、都…続きを読む

 “表現の自由”の行方~改正児童ポルノ禁止法では子どもを守れない!?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波