「長男は“しっかり”」「末っ子は“ちゃっかり”」に科学的根拠はないことが判明

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3b.jpg

「長男だから……」は科学的根拠ナシ!? ちゃんこ/PIXTA(ピクスタ)

 「しっかりしていると思ったら、やっぱり長女だね」「さすがは末っ子、ちゃっかりしている!」――。今までこんな会話を耳にしたり、あるいは、あなた自身が言われたりしたことはないだろうか。

 少子化の日本では一人っ子が増えているが、二人や三人きょうだいの場合、昔から「生まれ順がその人の性格を決める」という心理学的な理論が固く信じられてきた。

三人きょうだいの性格は世界共通?

 ところが最近、カナダのトロントを拠点にYoutubeで科学教育動画をクリエイトしているミッチェル・モフィット氏とグレッグ・ブラウン氏のユニットが、三人きょうだい及び一人っ子のポジションが性格に影響するという説を紹介している。

●第一子
学業が優秀で意欲的。責任感が強く、分別があることも多い。加えて、他のきょうだいよりもリーダーシップスキルに優れる傾向がある。

●真ん中っ子
協調性にあふれ、柔軟性や社交性に富み、友だちづくりも得意。両親からの注目度が低めなため、のびのびとしつつも目立ちたがり屋。

●末っ子
感じが良く魅力的。ほかのきょうだいよりも創造的で自信家が多い。甘やかされやすく常に庇護されるため、一般に責任感や分別に乏しい傾向も。

●一人っ子
 学業優秀で創造性にあふれ、機知に富む。大人をお手本に早くから分別を身につけ、責任感も強く、物事をコントロールすることを好む。

 どうだろう。「当たっている!」「万国共通なのね」と納得した人も多いのではないだろうか。だが、待って欲しい。一方で、この説にはまったく根拠がなく、「生まれ順で性格が決まる」という話は忘れたほうがいいことを示唆する研究結果が『Proceedings of the National Academy of Sciences』(10月19日号)に掲載された。

2万人の性格と生まれ順に関連性がない!

 この研究は、独・ライプツィヒ大学大学院生のJulia Rohrer氏らによるもの。きょうだいのポジションと性格との関係を検証するために、米国人5240人、英国人4489人、ドイツ人1万456 人、合計2万人以上もの性格と知能のデータを収集し、レビューを実施した。

 その結果、生まれ順は成人した時の「五大性格特性」、すなわち「外向性」「情緒的安定性」「協調性」「勤勉性」「経験への開放性」のすべてに影響することなく、意外にも、家族内のポジションに基づく性格特性のパターンは認められなかったという。

 ただ、その一方で、長男長女は第二子以降よりもわずかながら知能検査のスコアが高いことが判明した。この理由についてRohrer氏は、生まれ順というよりも「家族内での社会的な交流によるものだろう」と考えている。

長男や長女は知能が高くなる可能性も

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆