高齢者の引きこもり防止!? それともギャンブル依存者を増やす!? デイサービスにカジノは必要か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
76355248-2.jpg

高齢者の引きこもり防止に効果あり?(shutterstock.com)

 デイサービスとカジノやパチンコを組み合わせたサービスが人気だという。

 デイサービスは要介護度の低い老人を対象にした日帰りの介護のこと。施設を利用することで、家に引きこもりがちになる高齢者の生活の質(QOL)を維持したり、家族の負担を軽減したりといった効果が期待できる。一方、カジノはバカラやブラックジャック、ルーレットといったゲームで一攫千金を狙って勝負する賭博場のこと。

 介護と賭博――。どうしてもイメージが噛み合わない。何か問題が起こったりしないのだろうか?

カジノというあり得ない組み合わせ

 2013年以降、関東を中心に10店舗(フランチャイズを含む)を展開するデイサービス・ラスベガス(運営:日本エルダリーケアサービス)。テレビの情報バラエティ番組で紹介されているこの施設の様子を見ると、次のような特徴が伺えた――。

 施設に中は遊技場そのもの。トランプゲームの卓が手前に、そして奥の壁際にはパチンコやスロットの台がずらりと並んでいる。プレイにはベガスという疑似通貨を利用する。これは朝と昼、各10分間行われるベガストレッチに参加することで得られるもの。

 ゲームに興じている利用者の表情は、一喜一憂がはっきりと浮き出て、実に生き生きしている。「嫌なこと忘れられるからいい」「みんな家族が行ってくれると楽だから嫌々来ている。でもここは楽しみに来るんです」「計算するから頭にいいと思う」などと利用者が嬉しそうにコメントしている様子が印象に残った。

 デイサービスのレクリエーションは、塗り絵や歌、座ったままの体操、風船バレーに折り紙といったものが定番である。こうした活動になじめないからか、デイサービスの利用者の8割が女性で、男性の利用者は全体の約2割にすぎない。

 一方、「ラスベガス」の男性利用客はVTRを見る限りでは、その日、17人中10人と約6割を男性が占めた。通常のデイサービスに比べ、男性の人気が高くなっている。これはカジノ型のデイサービスのレクリエーションが、男性の「引きこもり」対策に劇的な効果があるということを証明している。

条例によりデイサービスのレクリエーションを規制

「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆