高齢者の引きこもり防止!? それともギャンブル依存者を増やす!? デイサービスにカジノは必要か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
76355248-2.jpg

高齢者の引きこもり防止に効果あり?(shutterstock.com)

 デイサービスとカジノやパチンコを組み合わせたサービスが人気だという。

 デイサービスは要介護度の低い老人を対象にした日帰りの介護のこと。施設を利用することで、家に引きこもりがちになる高齢者の生活の質(QOL)を維持したり、家族の負担を軽減したりといった効果が期待できる。一方、カジノはバカラやブラックジャック、ルーレットといったゲームで一攫千金を狙って勝負する賭博場のこと。

 介護と賭博――。どうしてもイメージが噛み合わない。何か問題が起こったりしないのだろうか?

カジノというあり得ない組み合わせ

 2013年以降、関東を中心に10店舗(フランチャイズを含む)を展開するデイサービス・ラスベガス(運営:日本エルダリーケアサービス)。テレビの情報バラエティ番組で紹介されているこの施設の様子を見ると、次のような特徴が伺えた――。

 施設に中は遊技場そのもの。トランプゲームの卓が手前に、そして奥の壁際にはパチンコやスロットの台がずらりと並んでいる。プレイにはベガスという疑似通貨を利用する。これは朝と昼、各10分間行われるベガストレッチに参加することで得られるもの。

 ゲームに興じている利用者の表情は、一喜一憂がはっきりと浮き出て、実に生き生きしている。「嫌なこと忘れられるからいい」「みんな家族が行ってくれると楽だから嫌々来ている。でもここは楽しみに来るんです」「計算するから頭にいいと思う」などと利用者が嬉しそうにコメントしている様子が印象に残った。

 デイサービスのレクリエーションは、塗り絵や歌、座ったままの体操、風船バレーに折り紙といったものが定番である。こうした活動になじめないからか、デイサービスの利用者の8割が女性で、男性の利用者は全体の約2割にすぎない。

 一方、「ラスベガス」の男性利用客はVTRを見る限りでは、その日、17人中10人と約6割を男性が占めた。通常のデイサービスに比べ、男性の人気が高くなっている。これはカジノ型のデイサービスのレクリエーションが、男性の「引きこもり」対策に劇的な効果があるということを証明している。

条例によりデイサービスのレクリエーションを規制

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆