「2015年4月」の記事一覧

僧侶が普段着のままで患者と語らい死をタブーにしない仏教ホスピスとは?

僧侶が僧衣を脱ぎ普段着のままで、患者と談話室で一緒にパズルを楽しむ――。あそかビハーラ病院(京都府城陽市)では、そんな光景が珍しくない。「終末期の病に苦しむ人々に寄り添いたい」と、2008年に浄土真宗本願寺が単独の取り組みとして開設した独立型緩和ケア病院だ。医療者のチームに…続きを読む

僧侶が普段着のままで患者と語らい死をタブーにしない仏教ホスピスとは?

エボラ出血熱に怯えて外国人の入国禁止! 北朝鮮の驚愕の医療事情

北朝鮮が昨年10月から続けていた「外国人や在外朝鮮人の入国禁止措置」を、3月上旬に解除した。エボラ出血熱の蔓延を防ぐための措置としていたが、遠い東アフリカで流行する感染症におびえる背景をめぐり、北朝鮮ウオッチャーの間で諸説とりざたされている。ただ、医療体制が脆弱で、流行性の…続きを読む

エボラ出血熱に怯えて外国人の入国禁止! 北朝鮮の驚愕の医療事情

映画『海を飛ぶ夢』〜尊厳死は自殺か殺人か? 生と死の際に立たされた人間が私たちに問いかけるものとは?

『海を飛ぶ夢』2004年/スペイン/カラー/125分監督:アレハンドロ・アメナーバル製作総指揮:アレハンドロ・アメナーバル、フェルナンド・ボバイラ脚本:アレハンドロ・アメナーバル、マテオ・ヒル出演:ハビエル・バルデム、ベレン・ルエダ、ロラ・ドゥエニャス、クララ・セグラ…続きを読む

映画『海を飛ぶ夢』〜尊厳死は自殺か殺人か? 生と死の際に立たされた人間が私たちに問いかけるものとは?
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇