「2015年4月」の記事一覧

僧侶が普段着のままで患者と語らい死をタブーにしない仏教ホスピスとは?

僧侶が僧衣を脱ぎ普段着のままで、患者と談話室で一緒にパズルを楽しむ――。あそかビハーラ病院(京都府城陽市)では、そんな光景が珍しくない。「終末期の病に苦しむ人々に寄り添いたい」と、2008年に浄土真宗本願寺が単独の取り組みとして開設した独立型緩和ケア病院だ。医療者のチームに…続きを読む

僧侶が普段着のままで患者と語らい死をタブーにしない仏教ホスピスとは?

エボラ出血熱に怯えて外国人の入国禁止! 北朝鮮の驚愕の医療事情

北朝鮮が昨年10月から続けていた「外国人や在外朝鮮人の入国禁止措置」を、3月上旬に解除した。エボラ出血熱の蔓延を防ぐための措置としていたが、遠い東アフリカで流行する感染症におびえる背景をめぐり、北朝鮮ウオッチャーの間で諸説とりざたされている。ただ、医療体制が脆弱で、流行性の…続きを読む

エボラ出血熱に怯えて外国人の入国禁止! 北朝鮮の驚愕の医療事情

映画『海を飛ぶ夢』〜尊厳死は自殺か殺人か? 生と死の際に立たされた人間が私たちに問いかけるものとは?

『海を飛ぶ夢』2004年/スペイン/カラー/125分監督:アレハンドロ・アメナーバル製作総指揮:アレハンドロ・アメナーバル、フェルナンド・ボバイラ脚本:アレハンドロ・アメナーバル、マテオ・ヒル出演:ハビエル・バルデム、ベレン・ルエダ、ロラ・ドゥエニャス、クララ・セグラ…続きを読む

映画『海を飛ぶ夢』〜尊厳死は自殺か殺人か? 生と死の際に立たされた人間が私たちに問いかけるものとは?
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真