「2015年4月」の記事一覧

僧侶が普段着のままで患者と語らい死をタブーにしない仏教ホスピスとは?

僧侶が僧衣を脱ぎ普段着のままで、患者と談話室で一緒にパズルを楽しむ――。あそかビハーラ病院(京都府城陽市)では、そんな光景が珍しくない。「終末期の病に苦しむ人々に寄り添いたい」と、2008年に浄土真宗本願寺が単独の取り組みとして開設した独立型緩和ケア病院だ。医療者のチームに…続きを読む

僧侶が普段着のままで患者と語らい死をタブーにしない仏教ホスピスとは?

エボラ出血熱に怯えて外国人の入国禁止! 北朝鮮の驚愕の医療事情

北朝鮮が昨年10月から続けていた「外国人や在外朝鮮人の入国禁止措置」を、3月上旬に解除した。エボラ出血熱の蔓延を防ぐための措置としていたが、遠い東アフリカで流行する感染症におびえる背景をめぐり、北朝鮮ウオッチャーの間で諸説とりざたされている。ただ、医療体制が脆弱で、流行性の…続きを読む

エボラ出血熱に怯えて外国人の入国禁止! 北朝鮮の驚愕の医療事情

映画『海を飛ぶ夢』〜尊厳死は自殺か殺人か? 生と死の際に立たされた人間が私たちに問いかけるものとは?

『海を飛ぶ夢』2004年/スペイン/カラー/125分監督:アレハンドロ・アメナーバル製作総指揮:アレハンドロ・アメナーバル、フェルナンド・ボバイラ脚本:アレハンドロ・アメナーバル、マテオ・ヒル出演:ハビエル・バルデム、ベレン・ルエダ、ロラ・ドゥエニャス、クララ・セグラ…続きを読む

映画『海を飛ぶ夢』〜尊厳死は自殺か殺人か? 生と死の際に立たされた人間が私たちに問いかけるものとは?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆