「2015年4月」の記事一覧

斉藤工と石田ゆり子も恋愛どころではない? 女医の3人に1人が未婚! 「医師たちの労働環境」

フジテレビの連続ドラマ「医師たちの恋愛事情」が評判だ。熱血外科医を演じるのは、いま最もセクシーな俳優といわれる斎藤工。大学病院を舞台に、医師たちが「秘密」を抱えつつ、出世争い、恋愛、不倫、三角関係などの欲望が渦巻く「医療ラブストーリー」。 斉藤が魅かれる女性医師を演じ…続きを読む

斉藤工と石田ゆり子も恋愛どころではない? 女医の3人に1人が未婚! 「医師たちの労働環境」

いつもの介護食に「春」を取り入れて......母がはしゃいだ「菜種ご飯」

脳梗塞で倒れて生死の境をさまよった母。まだまだ介護を必要としているものの、隔日のデイサービスを楽しむまでに回復してきている。 デイサービスがない日の母のスケジュールは、午前中いっぱいトイレタイム。昼食後は少し横になり、目が覚めると私と一緒に買い物に行ったり、散歩したりしてい…続きを読む

いつもの介護食に「春」を取り入れて......母がはしゃいだ「菜種ご飯」

内視鏡手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」が活躍する前立腺がん、食道がん、胃がん

2014年は、日本の医療用ロボットが切り拓くバイオエンジニアリングの未来にとって、エポックメイキングな1年だった。ソフトバンクがヒト型ロボットのペッパーを発表し、経済産業省と厚生労働省は介護ロボット技術の開発や新産業創出を進めている。また、内視鏡手術支援ロボットのダ・ヴィン…続きを読む

内視鏡手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」が活躍する前立腺がん、食道がん、胃がん
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛