「2015年1月」の記事一覧

肌がパンケーキ化? あなたの皮膚の老化を早めるそのメカニズムとは

多くの人が、いつまでも「美しく」「若々しく」ありたいと願っている。そう見られるための大きなポイントの一つは、やはり肌の"張り"や"みずみずしさ"だ。 皮膚を老化させる原因としては、紫外線や乾燥などの影響が知られている。これらに加えて話題になっているのは、糖(グルコース…続きを読む

肌がパンケーキ化? あなたの皮膚の老化を早めるそのメカニズムとは

女性の過剰な"ダイエット志向"が子どもの生活習慣病のリスクを高める!

TVにはスリムな女性タレントが次々登場し、巷にはダイエット情報が氾濫。小学生までも「太りたくない」と食べたいものを我慢するご時世だ。そんな日本女性の「やせ志向」がより顕著になっていることが、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」で分かった。 調査では、2013年11月時…続きを読む

女性の過剰な

うつ病になっても「会社を首に」「先がない」そんな焦りは不要に?

2014年12月27日、「障害者雇用率うそ報告で職員処分」という事件が報道された。独立行政法人労働者健康福祉機構が、雇用義務のある障害者数を水増しして虚偽の報告を行った、というものだ。 ここでの「雇用義務」とは、障害者の雇用の促進等に関する法律によるもので、法的責務…続きを読む

うつ病になっても「会社を首に」「先がない」そんな焦りは不要に?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波