「2015年1月」の記事一覧

エボラ出血熱が発見されてから、40年もワクチンが開発されなかった理由とは?

「世界の人たちへのクリスマスプレゼントだ」とオバマ大統領が胸を張った。アメリカの国立衛生研究所が、エボラ出血熱のワクチンを開発し、2015年半ばには完成する見通しになったからだ。 2014年、西アフリカで流行したエボラ出血熱は、欧米にも飛び火して世界中を騒然とさせてい…続きを読む

エボラ出血熱が発見されてから、40年もワクチンが開発されなかった理由とは?

メタボ関連治療費を3割削減! 医療費危機の打開策とは?

2008 年 4 月にスタートし、早くも6年が経った「メタボ検診(特定健康診査・特定保健指導)」。健康意識の高まりとともに、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)という言葉もすっかり有名になった。 メタボ健診では、腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上で、かつ血糖…続きを読む

メタボ関連治療費を3割削減! 医療費危機の打開策とは?

偏見多い「てんかん」...病名変更を検討もイバラの道

てんかんの専門医の団体・日本てんかん学会が、「てんかん」の病名変更の是非について検討を進めている。医療現場では近年、「精神分裂病」が「統合失調症」に、また糖尿病、高血圧症などの中高年に多い慢性疾患を示す総称を「成人病」から「生活習慣病」へと変更するなど、同じような動きが相次…続きを読む

偏見多い「てんかん」...病名変更を検討もイバラの道
自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛