「2015年1月」の記事一覧

個人向け遺伝子検査市場の拡大にいたる道のりはこうして作られた

生命科学の探求――。その道のりは長く険しかった。人類のたゆみない好奇心と情熱と勇気だけが、その基幹エンジンだった。 この連載では、世界各国の企業がしのぎを削る「遺伝子検査ビジネス」の実態について検証したい。第1回はイントロダクションとして、遺伝子解析の歴史を振り返る。…続きを読む

個人向け遺伝子検査市場の拡大にいたる道のりはこうして作られた

子どもの健康を脅かすと心配されているエナジードリンクが本当に危ないわけ

さもエネルギーを取り戻しリフレッシュできそうなイメージで今や若年層を中心に世界規模で市場を拡大しているエナジードリンク。日本市場の伸びがもっとも急激で、2009年から2013年にかけて約10倍(318億円規模)と膨れ上がり、2014年には国内メーカーの参入などもあり優に40…続きを読む

子どもの健康を脅かすと心配されているエナジードリンクが本当に危ないわけ

世界レベルの医療機関に発展した韓国のサムスン医療院の野望

韓国の医療の特徴とは何であろうか? その特徴は「産業的」医療であるという点に尽きる。 韓国政府は1980年代前半まで、経済成長を優先させ、その余った税金を社会保障にあてるという、いわば救済策のような政策しか講じてこなかった。1961年に公務員年金と生活保護、1963年に…続きを読む

世界レベルの医療機関に発展した韓国のサムスン医療院の野望
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔