連載第2回 頭痛の秘密がここまで解き明かされてきた

片頭痛を引き起こす原因を知るために、「頭痛ダイアリー」を活用する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_henzutu.jpg

shutterstock頭痛対策はよく知るところから

 頭痛の種類は大きく分けて「1次性頭痛」と「2次性頭痛」のふたつに分類できることを話しました。「1次性頭痛」とは採血や、頭部CT、MRI画像検査などをしてみても原因のみあたらない頭痛(原因のない頭痛)でした。この中には大きく分類して「片頭痛」、「緊張性頭痛」、「群発頭痛」の3つがありますが、患者さんの数では圧倒的に「片頭痛」と「緊張型頭痛」が多くなります。

 現在、ネットで検索すると「片頭痛」 「偏頭痛」の2種類の表記があります。日本の頭痛研究を取り扱った学会では、通常「片頭痛」を使用していますから、「片頭痛」と書かれたWEBのほうがよりより確かな情報を得られると思います。

 片頭痛の特徴としては、①4時間~3日程度の間、痛みが続くことがある。②痛みは通常片側だが、両側のこともある。③拍動性(ドクドク脈を打つ感じ)で、頭痛と同時に悪心(吐き気)、光過敏(光に対して辛いと感じる)や音過敏(音によって症状が悪化する)を伴う場合も少なくないなど。

片頭痛は前兆の有無で大きく2つに分けられる

 さらに片頭痛は「前兆のある片頭痛」、「前兆のない片頭痛」の2つに分けることができます。頻度的には、「前兆のある片頭痛」が片頭痛患者全体の約3割、「前兆のない片頭痛」が約6割とされています。残りはどちらにも当てはまる症状です。

 片頭痛の前兆は、痛みが起こる前の神経的な症状で、視覚症状、感覚症状、言語症状があります。視覚前兆はキラキラした点や線が、視野に現れる症状、あるいは視野の部分的消失が一定の時間、持続する。感覚前兆はチクチクした感覚を伴う症状、感覚が鈍くなる症状が一定の時間、持続する。言語前兆では、失語性の言語障害が一定時間、持続する、などです。

 このような前兆が起こっている最中か、前兆後すぐに片頭痛が発症する場合は「前兆のある頭痛」と診断します。まれに、前兆のみ現れて頭痛がともなわない患者さんもいます。この場合は、通常治療は不要とされています。しかし「2次性頭痛」の場合もありますので注意が必要です。片頭痛では、これらの前兆が1時間以上続くことはないといわれています。言い換えればこのような症状が1時間以上続く場合は別の病気である可能性もあると考えられます。

自分の片頭痛が誘発するのは何かを知る

 脳内物質のセロトニンが血管を収縮させ、その後セロトニンが分解され、逆に血管が拡張するために頭痛が起こるという説や、顔面周辺の感覚をつかさどる三叉神経が刺激され、神経伝達物質の分泌から、血管が拡張したり炎症が引き起こされ、痛みが起こるという考え方などがありますが、単一の原因は特定されていません。

アジア圏での“独特の美”を追求~世界トップクラスの症例数を誇る日本の美容医療
インタビュー「ここから変わる! 美容外科の世界~グローバル化する日本の美容医療」第1回 聖心美容クリニック 鎌倉達郎 統括院長

日本の美容医療は、果たして世界のトップレベルにあるのか――。「第104回日本美容外科学会(JSAS)」の会長を務めた、鎌倉達郎医師に、日本の美容医療の現状と世界の趨勢について聞いた。