「腎臓/泌尿器」の記事一覧

酒の飲み過ぎで危険なのは肝臓だけではない! 膵臓・胃腸・心臓に及ぼすリスクの実態

酒の飲み過ぎは肝臓によくない! では、膵臓、胃腸、心臓、脳、神経系、筋肉系、骨格系、ホルモン系、生殖系などへの影響はないのか? 今回は、酒が、膵臓、胃腸、心臓に及ぼす甚大な障害やリスクを噛み砕いて話そう。危ないのは肝臓だけじゃない! 酒の飲み過ぎは膵臓も窮地に追…続きを読む

酒の飲み過ぎで危険なのは肝臓だけではない! 膵臓・胃腸・心臓に及ぼすリスクの実態

糖尿病治療中のグレート義太夫が語る、たけし軍団流患う人への接し方とは?

風邪などで具合が悪いとき、人からかけられる「大丈夫?」の一言や、「つらそうだね」「ムリしないでね」といった優しい言葉は身にしみるものだ。それで病気が治るわけでもないが、気力は回復する。 治る病気に対してであれば、見舞いの言葉はかけやすい。声をかける側も、かけられる側も、…続きを読む

糖尿病治療中のグレート義太夫が語る、たけし軍団流患う人への接し方とは?
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇