「女性」の記事一覧

摘出手術をしない「乳がん新薬」登場! 小林麻央さんが通った代替医療クリニックは業務停止

徳島大学の片桐豊雅教授(ゲノム制御学)らの研究グループは、「乳がん患者」の乳房摘出を回避する治療に道を開く新薬「ERAP」を開発し、7月13日から福岡市で開催の日本乳癌学会学術総会で発表した(「産経新聞」2017年7月12日)。乳房を摘出せず新薬で乳がん治療!3年後の実…続きを読む

摘出手術をしない「乳がん新薬」登場! 小林麻央さんが通った代替医療クリニックは業務停止

全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」

現在、全国に300ほどある<女性外来>。病院内に開設されているものもあれば、クリニックもあり、スタイルはさまざまであるが、基本的な成り立ちは病気や症状の性差(男女差)を考慮した「性差医学」に基づく診療だ。そこには共通するモットー「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30…続きを読む

全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」

乳がん? 女性が気になる胸のしこり~弁護士・大渕愛子さんも心配した「乳腺炎」

弁護士でタレントの大渕愛子さんが自身のブログで、出産後にできた右胸のしこりが腫れ、母乳外来を受診したことを明かした。 ブログ(12月13日)によると、胸の外側にできた「硬いゴリゴリ」が、右だけみるみる硬くなってパンパンに。さらに脇の下まで腫れ上がり、生まれたばかりの赤ち…続きを読む

乳がん? 女性が気になる胸のしこり~弁護士・大渕愛子さんも心配した「乳腺炎」
自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛