連載「病理医があかす、知っておきたい「医療のウラ側」」第20回

「乳がん」の増加は牛乳・乳製品・牛肉の食べ過ぎ!? エストロゲンの濃度が引き金に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「乳がん」の増加は「牛乳・乳製品・牛肉」の食べ過ぎが原因!牛肉は安くて硬いものが健康にいい!?の画像1

牛乳・乳製品・牛肉と「乳がん」の関係(depositphotos.com)

 最近、30代から40代の日本人女性に「乳がん」が急増している。乳がんは女性に最も多い悪性腫瘍で、日本人女性の場合、発生のピークは40代。日本人女性の30~40代の死因のトップは乳がんである。

 その最大の原因は、欧米型の食生活への変化である。つまり、肉類と乳製品の摂取過多が問題の原因と考えられている。

 牛乳とは「エストロゲン(女性ホルモン)」の濃度の高い、分娩後の雌牛から搾取した「おっぱい」だ。日本の酪農では、分娩後、半年すると、授乳中の牛が人工授精されるため、エストロゲン濃度が高まることが避けられない。

 こうした牛乳を原料とする、チーズ、バター、クリームといった乳製品には、エストロゲンが特に濃縮されている。

 さらに詳しく説明すると、乳牛は分娩後、胎盤から分泌される大量のエストリオール(E3)がなくなり、卵胞機能が抑制されているため、授乳期の血中エストロゲン濃度は妊娠中ほど高くはない。だが、授乳期(分娩後)のメス体内から分泌される牛乳には、実はエストロゲン作用が認められる。

 市販の低脂肪牛乳中のエストロゲン濃度は約700pg/mlで、62%がエストロンである。エストロンの87%は硫酸抱合されている。この低脂肪乳には、卵巣摘出ラットの子宮重量を増加させる弱いエストロゲン効果が見られる。

 一般に、乳がん患者は非乳がん患者より、血中エストロゲン濃度が高い傾向がある。また、血中エストロゲン濃度は、牛乳消費量の多い欧米女性に高く、牛乳消費量の少ないアジア女性は低い傾向にある。

 世界42カ国で行われた、がん発生率と食品摂取の関係についての調査をみると、乳がんと最も関係の深い食品は肉、次いで乳・乳製品。また、子宮体がん、卵巣がん、前立腺がん、精巣がんでは、乳・乳製品が最重要だった。

 ちなみに、肉類(特に牛肉)についても、去勢した雄の肉(女性的で軟らかくなる)が多いため、比較的、エストロゲンの含有量が高くなっている。

 驚くなかれ、松阪牛や飛騨牛や米沢牛といった「柔らかさ」を売りにしている高級和牛は、去勢したあとに糖分をたくさん食べさせ、「筋肉が弱って立てなくなる寸前」が一番うまいのだそう。日本独特の畜産のノウハウだ。やはり牛肉は、安いもの、硬めのものが、体にいいのかもしれない。

堤寛(つつみ・ゆたか)

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大学医学部卒、同大学大学院(病理系)修了。東海大学医学部に21年間在籍し、2001年から現職。「患者さんに顔のみえる病理医」をモットーに、病理の立場から積極的に情報を発信。患者会NPO法人ぴあサポートわかば会とともに、がん患者の自立を支援。趣味はオーボエ演奏、日本病理医フィルハーモニー(JPP)団長。著書に『病理医があかす タチのいいがん』(双葉社)、『病院でもらう病気で死ぬな』(角川新書)、『父たちの大東亜戦争』(幻冬舎ルネッサンス)、『完全病理学各論(全12巻)』(学際企画)など。

堤寛の記事一覧

堤寛
<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫