インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
和温療法は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善の画像1

遠赤外線乾式サウナで行なう和温療法(depositphotos.com)

 病気や症状の性差(男女差)を考慮した「性差医学」を日本の医療の中に根付かせ、全国で女性外来の展開を推し進めてきた天野恵子医師。現在最も注目し、大きな可能性を見ているのが和温療法だ。この治療法で多くの女性の更年期障害や不定愁訴が改善、いくつかの神経変性疾患などでも著効を示している治療例があるという

全身を気持ちよく温める「和温療法」

 和温療法とは、全身を気持ちよく(和む)温める治療法のことである。もともとは、鹿児島大学の鄭忠和教授が、難治性の心不全の患者さんのための、安全な治療として始めたもの。

 具体的な治療方法としては、まず60℃に設定した遠赤外線乾式サウナ治療室に入り、全身を15分間温める。その後、体を毛布でくるんで30分間安静保温し、最後に発汗した量に見合う水分を補給する。

「60℃/15分間のサウナ浴により深部体温は平均1.0℃上昇する。副作用はなく、全身の動脈・静脈を拡張させて血管抵抗を低下させ、血液循環を促進する効果があります。運動するのが困難な患者でも、気持ちよく発汗を促すことができるのです」と天野医師。

和温療法の心不全や閉塞性動脈硬化症に対する効果は?

 和温療法の心不全や閉塞性動脈硬化症に対する効果については、既にエビデンスが確立されている。

 2010年に改訂された慢性心不全に対する日本循環器学会ガイドラインの非薬物療法の項においては、クラス1(有効)として掲載され、積極的に推奨される治療として循環器専門医からも承認されている。2012年9月には、厚生労働省から慢性性心不全に対する「高度先進医療B」として承認を受け、多施設前向き共同研究が実施されている。

 天野氏が和温療法に関心をもったのは、自身の体験がきっかけだ。

「自身が更年期障害に苦しんでいた時、ホルモン補充療法、漢方、鍼灸、気功など、あらゆる方法を試した。そのなかで唯一効果が感じられたのが<入浴>でした」

 入浴後2時間ほどは、体が楽になったという。それで「以前から慢性心不全への治療法として知っていた和温療法は効くはず」という確信が芽生え、2006年ごろから自身の患者を鄭先生に紹介し、和温療法を体験させていた。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘