「女性」の記事一覧

避妊薬「ピル」で眼の病気に!? 知っておきたい、低用量でも副作用のリスク

日本では一般的に「ピル」と呼ばれている経口避妊薬を3年以上服用している女性は、服用していない女性と比べて緑内障または高眼圧症を発症するリスクが高いという研究結果が『Ophthalmology』誌に掲載された。 今回の研究は、カリフォルニア大学サンフランシスコ校のYe E…続きを読む

避妊薬「ピル」で眼の病気に!?  知っておきたい、低用量でも副作用のリスク

ホルモン補充療法は女性のQOLを大幅に改善する究極の全身治療だ

更年期障害の治療に使われる薬には、抗不安薬、自律神経調節薬、循環系作用薬、漢方薬となど、症状や程度に応じて多様な選択肢があるが、明らかに女性ホルモンであるエストロゲンの減少による不快症状が強い場合には、ホルモン補充療法(Hormone Replacement Therapy…続きを読む

ホルモン補充療法は女性のQOLを大幅に改善する究極の全身治療だ

日本人の7〜8人に1人は便秘症〜食事と生活の改善で快便になる10のポイント

厚生労働省「平成25年国民生活基礎調査」によると、成人の便秘症の有訴者率(自覚症状がある人の割合)は男性4.0%、女性5.9%。便秘症の有病率は、成人の約14%に上る。実に日本人7〜8人に1人の高率だ。食生活の欧米化やストレスの増加などが主因といわれる。 10歳代〜50…続きを読む

 日本人の7〜8人に1人は便秘症〜食事と生活の改善で快便になる10のポイント
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子