「女性」の記事一覧

女性は加齢とともに「酒豪」に? 飲めるからといって酒量を増やすと骨が老化!

かつて女性が酒を飲むのは「はしたない」ことだと見なされていた。しかし、女性の社会進出が進んだ今、男性と同じように「仕事のあとで一杯」は珍しいことではない。 昨年12月に厚生労働省が発表した「国民健康・栄養調査」(2014年度)で飲酒習慣のある女性が増えていることが、それ…続きを読む

女性は加齢とともに「酒豪」に? 飲めるからといって酒量を増やすと骨が老化!

「立つ」「歩く」など運動機能の維持が「健康寿命」を延ばす

皆さんは「ロコモ」という言葉を耳にしたことがあるだろうか?「ロコモ」とはロコモティブシンドローム(Locomotive Syndrome)の略で、和訳すると「運動器症候群」である。2007年に日本整形外科学会が、超高齢化社会において運動器の健康を保つ重要性がますます高まると…続きを読む

「立つ」「歩く」など運動機能の維持が「健康寿命」を延ばす

パニック障害の3大症状「パニック発作」「予期不安」「広場恐怖」とは?

更年期によくみられる症例のなかで、誰でも一度は耳にしたことがある比較的なじみの深い疾患に「パニック障害」がある。発症の「原因」を見極めるのは非常に難しいため、誤った診断を下されることも多い、更年期の代表的な疾患の1つである。「パニック障害」のケース 仕事でミスをして…続きを読む

パニック障害の3大症状「パニック発作」「予期不安」「広場恐怖」とは?
外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第2回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志