「女性」の記事一覧

「ホットヨガ」でパートナーと妊活!? あなたの"女子力"がアップする理由とは?

今年は、記録的な猛暑から一転、日照時間不足、冷夏という異常な気候。それに加えて季節の変わり目を迎え、"カラダのバランス"を崩している人は少なくないようです。 さて前回、「汗をかきにくい人が増えている! ニオイもベタつきもしない『良い汗』て何だ?」では「発汗」の大切さを…続きを読む

「ホットヨガ」でパートナーと妊活!? あなたの

長時間のデスクワークは危険? 女性の"座り過ぎ"と乳がんリスクの関連性が明らかに

毎日オフィスで長時間座ったままパソコンを見つめ、帰宅してからもテレビやパソコンの前に座り続ける。こうした生活習慣に思い当たる節がある人も多いのではないだろうか。デスクワークの弊害は、肩こりや腰痛、目の疲れだけではない。 スウェーデンで行われた研究により、長時間座り過ぎの…続きを読む

長時間のデスクワークは危険? 女性の

閉経後の肥満でリスクが高くなる乳がん、18万人以上の調査で判明

女性は閉経後、ホルモンバランスを崩すことで体調を悪くするケースがある。代表的なのが更年期障害だが、このほかにも女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が減って起こる骨粗しょう症が知られている。 乳がんも閉経後にリスクが高くなるケースがあるので注意が必要だ。 …続きを読む

閉経後の肥満でリスクが高くなる乳がん、18万人以上の調査で判明
妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆