>  >  >  > 「女性外来」と「レディースクリニック」は違う
インタビュー「性差医療をめぐって」第2回 静風荘病院・天野恵子医師

全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」の画像1

「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」が共通のモットー(depositphotos.com)

 現在、全国に300ほどある<女性外来>。病院内に開設されているものもあれば、クリニックもあり、スタイルはさまざまであるが、基本的な成り立ちは病気や症状の性差(男女差)を考慮した「性差医学」に基づく診療だ。そこには共通するモットー「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」がある。

ちなみに<レディースクリニック>と呼ばれるものも非常に多くなってきたが、ほとんどが産科、婦人科の医師が診療を行うもので、性差医療を基本とする女性外来とは異なる。

ドクターショッピングの末にたどりついた「語らせる」医療

 腰が痛い、膝が痛いといったはっきりした自覚症状がなくとも、生活の質を低下させるような不調を感じているならば、医師は診察し、改善策を探す。そのためには、初診でじっくりと話を聞くことが必要であるという。

 「女性外来を初めてまず驚いたのが、患者さんが皆さん『こんなに話を聞いてもらったのは初めて』とおっしゃることです」

 女性外来を受診する患者は、他の医療機関ですでに検査や治療を受けてもよくならず、いわゆるドクターショッピングの末にたどりついたという人が少なくない。

 しかし、よくよく話を聞いて原因を探ってみると、医師とのコミュニケーション不足、あるいは医師の知識不足のために改善せず、困っている例が圧倒的に多かったという。

 「性差医療の実践の場として女性外来を立ち上げたものの、ふたをあけてみると、患者さんが苦しんでいたのは、実は『性差を考慮して対応することが必要な問題』というより、それ以前の『話を聞いてもらえない』ことからくる問題でした。日本の医療がいかに貧しいか、改めて気づかされました。時間をかけて丁寧に対応することで、多くの患者さんが立ち直るきっかけを得られるのに、それができていないのです」

改善の一歩は自分の状態を知ること

 特に更年期には、女性ホルモンの変化によって多彩な症状が現れる。比較的に知られている、発汗、のぼせ、ほてり、動悸、イライラといった症状だけでなく、高血圧、糖尿病、高脂血症、胸痛、認知機能の衰えなどの症状が現れることも珍しくない。

 しかし、そういった情報を医師が患者に伝えていないため、患者は「悪い病気ではないか」と思い詰めて、病院をわたり歩くことになる。

 「更年期障害のような、病気には至らない不調に向き合うための第一歩は『知る』ことです。更年期にはこういう症状が起こる可能性がある、という情報を医師がしっかりと伝えることが必要です。自分の置かれている状況がみえれば、心の準備もでき、対応策もみえてきます」

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔