「大衆薬」の記事一覧

“国民薬”ロキソニンに重大な副作用〜空腹で飲んではいけない理由はここに!

ロキソニン(ロキソプロフェン)といえば、医師の間でも愛用している人が多い人気の鎮痛・解熱剤だ。病院で処方されるほか、2011年からは「ロキソニンS」として店頭でも販売されている。 インターネット通販大手、アマゾンジャパンは、この4月から鎮痛剤「ロキソニン」や胃腸薬「ガス…続きを読む

“国民薬”ロキソニンに重大な副作用〜空腹で飲んではいけない理由はここに!

スッと治すから「ストナ」、後が楽だから「コーラック」……オヤジギャグな薬のネーミング

年末年始の暴飲暴食期が始まり、胃腸薬の服用が相対的に増える季節だが、20歳以上の男女555人が回答した『胃腸薬に関するアンケート』(ジャストシステム調べ)の集計結果がなかなか面白い。今回は「ネーミング効果の実態」が読み取れる回答事項を紹介しよう。 いずれも胃腸薬の服薬経…続きを読む

スッと治すから「ストナ」、後が楽だから「コーラック」……オヤジギャグな薬のネーミング

ついに「女性用バイアグラ」がFDAの承認直前 SEX新時代に!?

米国食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は先ごろ、閉経前女性の性欲減退を回復させる薬剤、いわゆる「女性用バイアグラ」であるフリバンセリンについて、賛成18票、反対6票で承認を勧告することを決定した。ただし、承認には適切な警告表示や薬剤の作用に関する教育などの条件を付けるべきだ…続きを読む

ついに「女性用バイアグラ」がFDAの承認直前  SEX新時代に!?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫