「大衆薬」の記事一覧

スッと治すから「ストナ」、後が楽だから「コーラック」……オヤジギャグな薬のネーミング

年末年始の暴飲暴食期が始まり、胃腸薬の服用が相対的に増える季節だが、20歳以上の男女555人が回答した『胃腸薬に関するアンケート』(ジャストシステム調べ)の集計結果がなかなか面白い。今回は「ネーミング効果の実態」が読み取れる回答事項を紹介しよう。 いずれも胃腸薬の服薬経…続きを読む

スッと治すから「ストナ」、後が楽だから「コーラック」……オヤジギャグな薬のネーミング

医師が常用する薬で多いのは降圧薬と脂質異常症治療薬、ロキソニンも人気!

医師は、何を考え、悩みながら、患者に向かっているのだろう?患者や家族は、医師に何を期待しているのだろう?今回は、よく飲んでいるクスリついて答えた医師たちの生々しいヴォイスを聞いてみよう。 日経メディカルOnline(2014年6月9日)は、医師2286人を対象に「よく飲…続きを読む

医師が常用する薬で多いのは降圧薬と脂質異常症治療薬、ロキソニンも人気!

あなたの頭痛、頭痛薬の飲みすぎで引き起こされる「薬物乱用頭痛」では?

頭痛の診療をしていると「薬物乱用頭痛(Medication-Overuse headache:MOH)」の患者さんを診察することがあります。ここでいう薬物乱用とは、薬剤の使用過多による頭痛の意味で、決して違法な薬物を使用しているという意味ではありません。しかし「違法な薬物を…続きを読む

あなたの頭痛、頭痛薬の飲みすぎで引き起こされる「薬物乱用頭痛」では?
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆