徳真会が未来型メディカルスペース「 QUARTZ TOWER〈クオーツタワー〉」をオープン

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tokushinkai.jpg

11月10日、「徳真会 QUARTZ TOWER〈クオーツタワー〉」がオープン

 日本最大の歯科グループ、徳真会グループ(本社:新潟県新潟市、 理事長・松村博史)は、11月10日、 総合メディカルビル「徳真会 QUARTZ TOWER〈クオーツタワー〉」を東京都渋谷区にオープンする。総合プロデューサーとして、映画監督の紀里谷和明氏、インテリアデザイナー小坂竜氏の自然を感じる都心のアオシスをコンセプトとした未来型デンタル医療の気合が込められている。

 総合歯科医療サービスに加え、 医科、 ヘルスケア、 ホワイトニング、 エステ、 ネイルまで含めた総合メディカルサービスの提供は、徳真会グループが培ってきた長年の成果の総決算といえるだろう。スタッフは、総勢100人が常駐している。

 3階はホワイトデンタルクリニックと、ビューティーサロンが設置。エステサロン3個室と、ネイルが2人同時に行える部屋で、清潔感溢れるホワイトの色調のインテリアもリラックス感をもたらす。エステはお肌の再生能力を高めるハーブを使用する等、個性的なメニューも揃う。

 総合医療歯科は4階と5階で、一般歯科、インプラント、審美歯科、矯正歯科、予防治療、歯周病治療、小児歯科。4階の4部屋は初診専用。2回目以降は9室揃う5階でデンタル治療を行い、保険適用が可能だ。

 6階は保育士が常駐するキッズルーム。京都で40年の老舗家具「シバハラ」「道明堂」が手掛けた。クッション材を使用した壁面によって、デザインのみならず、安全性を高めている。創造性あふれる空間で子供も楽しめるため、お母さんだけでなく、イクメンも安心して治療に専念できる。

 7階はスポーツ選手など幅広い患者のニーズにこたえるための完全個室の自費専用デンタルスペース。インプラントや歯周病などの専門医を指名できる。

 またテレビ電話で、アメリカにある徳真会グループのトップ技工士から説明を受けたり、技工士とドクター、スタッフによるチームケアで患者一人ひとりの治療にのぞむ。グループのモットーである「歯科医療を支えるのは技工士」を体現できるもので、高い技術を習得した歯科技工士とのコミュニケーションによる安心・安全を約束している。今後、国際医療機関認証(Joint Commission International)の認証を歯科単体で国内初取得を目指し、海外からの歯科メディカルツーリズムの受け入れも視野に入れている。

 8階のメディカルクリニックは、内科・頭痛外来、皮膚科、整形外科を設置。院長の稲福全人氏は、救急医療が専門のため、オールマイティーな対応ができる。東邦大学医療センター大橋病院と連携をとっている。

 医療以外の施設もまさに“痒いところに手が届く”配慮が施される。

患者がニーズに合わせて選択できる総合型メディカルスペース

部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991…

渡辺信幸

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫