「フィットネス」の記事一覧

集中して"吹く" 見直された意外なゲームが体を活性化!

巷にはいろいろな健康法が溢れているが、今注目されているのが「吹き矢」。公共施設などでは、「健康吹き矢教室」があちこちで開講されている。「老若男女が気軽に楽しめるスポーツ」というふれこみは、運動不足の人にも敷居が低く、参加心をくすぐるようだ。 日本吹矢道協会西東京支部の…続きを読む

集中して

カラダづくりの効率をアップさせる トレーニングの"原理原則"

忙しい合間にフィットネスクラブに通う――。その意志が継続する大きなモチベーションは、"カラダが変わっていく"。この実感に尽きると思う。 ところが、むやみにトレーニングを行なっても、なかなか体に成果に表れない。そんな経験を持つ人は、エクササイズを行う前に、ぜひ"原理原則…続きを読む

カラダづくりの効率をアップさせる トレーニングの

長く付き合いたい「フィットネスクラブ」の選び方〜入会金無料などの「特典」に踊らされるな!

食べ物がおいしく感じ、体が鈍りがちになる冬。巷のフィットネス施設は、夏のキャンペーンで入会にもれた人や、挫折して心新たにもう一度トライしよう考えている人などをターゲットに勧誘している。施設側の思惑も明かしながら、お金を損せず、長続きしやすい施設選びの10のポイントをアドバイ…続きを読む

長く付き合いたい「フィットネスクラブ」の選び方〜入会金無料などの「特典」に踊らされるな!
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇