「美容・整形」の記事一覧

「ニッポン美肌県」4連覇は選挙制度で揺れる過疎が進むあの県~美肌をつくる“5大要件”とは?

今回の参院選のテーマのひとつは「選挙制度」。隣接する選挙区を一つにする「合区」が、憲政史上初めて運用された。 「一票の格差」是正のため、「島根・鳥取」「徳島・高知」の4県をそれぞれひとつにしたことで、自分たちの県を代表する議員がいなくなる。 最高裁から違憲状態と指摘…続きを読む

「ニッポン美肌県」4連覇は選挙制度で揺れる過疎が進むあの県~美肌をつくる“5大要件”とは?

進化する乳房再建! 小陰唇を切り取って移植する最新の乳輪・乳頭再建術

元「おニャン子クラブ」でタレントとして活動する生稲晃子さん (48) の体験が、話題を呼んでいる。 生稲さんは昨年11月、5度にわたる乳がん手術と乳房再建を告白。そして、48歳の誕生日を迎えた今年4月28日、その思いを綴った闘病記『右胸にありがとう そしてさようなら』…続きを読む

進化する乳房再建! 小陰唇を切り取って移植する最新の乳輪・乳頭再建術

ベビーパウダーやファンデーションの使用で卵巣がん! 米で約80億円の損害賠償命令

2月23日、ロイター電は衝撃的なニュースを伝えました。 米ミズーリ州巡回裁判所の陪審は、22日、医薬品・日用品大手メーカー「ジョンソン・エンド・ジョンソン」(J&J)に対して7200万ドル(約80億円)の損害賠償支払い命令を出したと報じたのです。 卵巣がんを引き起こ…続きを読む

ベビーパウダーやファンデーションの使用で卵巣がん! 米で約80億円の損害賠償命令
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔