「美容・整形」の記事一覧

女優・中谷美紀さんの美容術、糖質制限が美肌を生む仕組みとは?

現在放送中のTBS系金曜ドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』のヒロイン・橘みやびは、東京・青山で美容皮膚科クリニックを営む39歳の開業医という設定だ。 その第一話で、独身女同士のグルメ女子会が描かれ、彼女がこんなセリフを言い放った。 「日本酒は駄目、…続きを読む

女優・中谷美紀さんの美容術、糖質制限が美肌を生む仕組みとは?

ベビーパウダーやファンデーションの使用で卵巣がん! 米で約80億円の損害賠償命令

2月23日、ロイター電は衝撃的なニュースを伝えました。 米ミズーリ州巡回裁判所の陪審は、22日、医薬品・日用品大手メーカー「ジョンソン・エンド・ジョンソン」(J&J)に対して7200万ドル(約80億円)の損害賠償支払い命令を出したと報じたのです。 卵巣がんを引き起こ…続きを読む

ベビーパウダーやファンデーションの使用で卵巣がん! 米で約80億円の損害賠償命令

“美容医療”の世界が変わる! 豊胸、若返り、薄毛治療などに最新の再生医療を導入

みなさんは「美容医療」と聞いてどんなイメージを思い浮かべますか? または、「美容医療」という分野にピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんね。 私が美容外科医になって12年が経ちます。当時、外科医として総合病院に勤務をしていた私は、医学部時代からの親しい同僚に「美容外…続きを読む

“美容医療”の世界が変わる! 豊胸、若返り、薄毛治療などに最新の再生医療を導入
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘