美容整形、知ると恐くてできない?事故多発の実態…肌ボコボコ、脱毛後に毛生える

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美容整形、知ると恐くてできない?事故多発の実態…肌ボコボコ、脱毛後に毛生えるの画像1

事故多発の美容整形の実態とは?

 美への願望の低年齢化や、プチ整形のカジュアル化が進んでいる。タレントの有村藍里の“整形告白”が注目されたように、最近は美容整形がポジティブなこととしてとらえられはじめ、さらに美容医療の敷居は下がりそうだ。

 その一方で、国民生活センターに寄せられる、美容整形に関係する相談件数は年間1200件を超えており、その数も「氷山の一角にすぎない」という専門家は少なくない。

 実際、国民生活センターのウェブサイトにある「最近の事例(美容医療サービスに関する相談)」を閲覧すると、目の下のクマに悩んでヒアルロン酸注射を受けたが「対価に見合う結果が得られなかった」という美容皮膚科の例や、薬剤3回コースのホワイトニング治療で「残り1回分を利用しようとしたら(審美歯科側から)契約期間は終了したと言われ」未受領分薬剤の受け渡しを望む利用者の声などが挙げられている。

 ほかにも、「傷痕は残らない」との事前説明で包茎手術を受けたが、「赤く輪のような傷が残った」という男性の被害報告、全身レーザー脱毛の施術で「全身に湿疹が出た」との事例など、返金や解約を希望する苦情例も寄せられている。

利用者のより具体的な被害の模様から学ぶ

 クロス・マーケティング社が行った直近(2019年2月実施)のインターネット調査「美容医療に関する調査」から、回答者のエピソードを一部抽出してみよう。実被害の模様がより具体的だ。また、これら広告金額や謳われる施術効果と実態の相違が著しいクリニックの場合、利用者の訴えや苦情に対して、いい加減な対応をする点が共通しているようだ。

・広告に出ていた金額は本当に最低限で、満足のいくものにしたかったら、何倍も積み重なる。(20代女性)

・5回の体験コースを申し込みしたら、3回目になって、5回目以降の契約を強引に勧められた。(30代女性)

・わき脱毛1万円で通い放題だったが、全然脱毛されず、毎回毛が生えてくる。(30代女性)

・施術の詳細について問い合わせたが、途中で返信がなくなった。(40代女性)

・施術前よりも肌の表面がボコボコになり、人前で肌をさらせなくなった。年数がたてば落ち着くといわれてそのままにされた。(40代女性)

・しっかりと肌の状態を診察しないまま勧められた施術を行ったら、かぶれてしまった。それを問い合わせたら、「アレルギーではないか?」「調べてみたらどうか?」と言われ、がっかりした。(30代女性)

 これらの実体験に基づく声に目を通すことは、美容医療や整形に興味があり、受けようかと思案中の人にとっては、リスクの可能性を把握し、その回避策を高じる材料となるだろう。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆