パラリンピックは<感動ポルノ>か? リハビリが原点となった<障害者スポーツ>の歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
76169044.jpg

リハビリが原点の障害者スポーツ「乗馬」(shutterstock.com)

 9月8日、リオデジャネイロ・パラリンピックが開幕した。それに伴い、各メディアは「パラアスリート(障害者スポーツの選手)」や、スポーツに取り組む障害者の姿にスポットを当て、テレビ番組もにわかに特集している。

 先日、NHK教育テレビジョン(Eテレ)の『バリバラ』が、『24時間テレビ』(日本テレビ系)の裏で「障害者=感動」を<感動ポルノ>という視点でタブーに切り込んだ。はたして、<感動・頑張る障害者>のイメージが結びつきやすいパラリンピックも<感動ポルノ>となるのだろうか?

 一般的には、「障害者は生活全般が困難」と思われがちだ。もちろん、抱えている障害によって、健常者と同じようにはいかないこともある。だが、それぞれ生活スタイルを確立し、仲間との交流や趣味活動などをもって、生活を充実させている人は少なくない。

 そうした活動のひとつに、スポーツがある。身体能力の維持や向上を目的とする人もいれば、気分的にリフレッシュしたいという人もいる。それは、健常者と変わらない。

 なかには、以前からたしなんでいたスポーツを再開する中途障害者もいるが、「障害者スポーツ」との新たな出会いを楽しむ人は多い。

エクササイズやレクリエーションにとどまらない効果

 そこには「障害」とされる部分をプレイヤーの「機能」として捉えた、障害者スポーツならではの独特な魅力がある。実によく研究され、ルールやツールも精査され、柔軟に改善なされる。

 障害者スポーツは、リハビリテーションに通ずる点が多い。素材や構造を追求したスポーツ用具も、実は福祉用具に似通う点が多い。医療と福祉、どちらの分野にも共通項がある。単なるエクササイズやレクリエーションにとどまらないのだ。

 実際に、医療現場で取り入れられている障害者スポーツもある。たとえば「乗馬」だ。今回のパラリンピックに「馬術競技」がある。対象者は、肢体不自由あるいは視覚障害の選手だ。

 障害者乗馬の歴史は、肢体不自由者のリハビリに始まる。古くは古代ギリシャで、リハビリ目的の乗馬があったようだ。1900年代のイギリスで、第一次大戦の負傷兵たちの機能回復に乗馬を取り入れたのが、近年の障害者乗馬の源といわれる。

ドイツではリハビリ目的の乗馬が保険適用

 

 馬は、ただ乗っているだけでも、馬の歩行の揺れやリズムが良い刺激となる。自分では動かせない筋肉も、馬上では自然と動かされる。

 先天性障害で歩行困難な人は、そもそも足の筋肉が「歩く感覚」を知らないが、馬上だと人の歩行運動によく似た足の「動かし方」になる。足の筋肉が「歩く感覚」を学習し、リハビリ効果がぐんと高まる。

 そして、馬の平均体温は37〜38度と温かく、馬体にまたがると筋肉がほぐされ、リハビリ効果を高める。馬上では、体のバランスを保つ必要があるため、平衡感覚が養われる。もちろん、体を支えるための腹筋や背筋も鍛えられる。

 たとえば、自力で上半身を起こせなかった側湾症の患者も、乗馬を始めて回を重ねていくと、体が起立できるようになる。

 こうした乗馬のリハビリ効果は、ヨーロッパ各国では広く認められている。ドイツやスイスでは、医療保険も適用される。医師の指示(処方箋)のもと、理学療法士などの医療専門職が立ち会って、計画的にリハビリ乗馬(療法的乗馬などと呼ばれる)が展開されるのだ。

 乗馬療法士という資格職も存在する。馬文化が根づいているので、乗馬に親しんでいる医療従事者が多いのも、日本との大きな違いだろう。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛