究極のケア・ロボットとして見たいアカデミー賞・長編アニメーション賞受賞の『ベイマックス』

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
640.000.jpg

©Walt Disney Animation Studios

 先日、受賞作が発表された第87回アカデミー賞。長編アニメ部門に高畑勲監督の『かぐや姫の物語』がノミネートされ注目を集めたが、惜しくも落選。受賞作はドン・ホール監督の『ベイマックス』。心優しいケア・ロボットと孤独な少年の絆を描いた冒険物語だ。日本でも昨年12月に全国540スクリーンで公開され、興行収入75億円を超えるロングヒットとなっている(現在も公開中)。

 舞台は、東京とサンフランシスコをミックスした「サンフランソウキョウ」。謎の事故で最愛の兄タダシを失った天才少年ヒロ。深く傷ついたヒロを救ったのは、人間の心と体を守るために兄が発明したケア・ロボット、ベイマックスだ。兄の死の真相に迫る二人の前に、手強い仮面の敵が立ちはだかる。ケア・ロボットは、人を傷つけられない。だが、ベイマックスはヒロを守らなければならない。兄がベイマックスに託した使命とは何だったのか......?

 原案は6人の日本人スーパーヒーローを主人公にしたアメリカンコミック『Big Hero 6』。ただし、映画化に際し設定は大きく変更され、ベイマックスはドラゴン風の顔を持つ人造生命体から、愛らしいケア・ロボットに置き換えられた。

「こんにちは、私はベイマックスです」とやさしく語りかける

 ベイマックス、白く柔らかい体の内部に空気が充填され、丁寧な口調で会話をする。1万通りもの医療データカードが挿入され、頭部のレーダーでスキャンした人の心拍数・脳波・血液型などを瞬時に分析。脳内伝達物質の量をスキャンし、相手のストレスや感情を把握する。両手をこすり合わせてAED(自動体外式除細動器)を発動させ、水中で浮き袋になり人々を救出する。ボディを発熱させ、体が冷えた人を温める。高性能かつマシンの冷たさを感じさせない、究極の医療・介護ロボットといえるかもしれない。

 動力はリチウムリオン電池。誰かがケガをした時は、「痛い」の声に反応し、自動的に体内の空気が膨らむ。「こんにちは、私はベイマックスです」とやさしく挨拶してくれる。治療後、相手が「もう大丈夫よ」と言えば自動停止。電池切れが近づくと、酔っ払いのようになる。大きな体格にしては短足なので、動きはのろい。骨格は頑丈なカーボンファイバー製。最大400kgの物体を持ち上げるタフマンだ。

 人を傷つけることを禁じられているので、戦闘能力はない。だがヒロは、仮面の敵と闘うために、空手の戦闘データカードをベイマックスに挿入する。パワードスーツを着たベイマックスは、より高性能なレーダーや飛行能力を装備したファイティング・ロボットに変身するが......。

 超能力を備えたヒーロー・ロボットが悪を倒す大活劇ではない。ヒロの少年らしい勇気といちずさ、ヒロを見守る友人や家族の愛情、ベイマックスの温かさと愛嬌をふりまくアクションがポイントだ。東京の古い街並や立体看板。昭和の懐かしい風景と匂い。神社の鈴をモチーフにしたベイマックスのアタマが微笑ましい。『ベイマックス』は、忘れかけた思い出にポッと火を灯してくれる、ほのぼのとした友情物語だ。
(文=編集部)

部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991…

渡辺信幸

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫