新垣結衣&星野源・ドラマ『逃げ恥』〜「恋人のおいしいところだけ」は話題の「ポリアモリー」?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hajidaga.jpeg

新しい夫婦のカタチを描いたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(写真は公式YouTubeより)

 回を追うごとに好視聴率を更新している火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)、通称『逃げ恥』。

 新垣結衣と星野源が織りなす<契約結婚>を軸に、就活・非正規雇用・派遣切りというシビアなテーマを交えつつも、主役二人のキュートさに萌えるラブコメディと支持されている。

 第4話ではみくり(新垣結衣)と津崎(星野源)の契約結婚が同僚(大谷亮平)にバレて、「週一でみくりをシェアする」という展開から、第5話ではギクシャクした関係を解決するために、みくりが「恋人同士になろう」と提案。さらに「恋人のおいしいところだけがほしい」と<ハグの日>を制定することに――。

 第6話(11月15日OA)では、みくりの前に元カレ(?)が現われ……。今後の二人はどうやって「夫婦」を超えてゆくのか!?

20代男性の結婚願望率は39%、20代女性も59%まで減少

 一方、現実の非正規(社員)大国ニッポンでは「結婚願望」が年々低下中だ。

 今年3月に明治安田生活福祉研究所が、全国の男女3595人(20~49歳)を対象に「恋愛と結婚」に関する調査を行なった。

 その結果、3年前の20代男性の結婚願望率67%が、今回は39%まで減り、同じく20代女性も82%がわずか3年間で59%まで減少していた。

 恋人がいる20代は男性が5人に1人、女性が3人に1人。20代未婚男性の2人に1人は「交際経験なし」との実態が浮き彫りにされ、それこそ逃げるもいいけど寂しくはないのか!? 思わず、そう問いかけたくなるような、今日の若者像だ。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘