「介護」の記事一覧

個人向けの看護サービス「ナースアテンダント」は、家族だけでは不安な通院や在宅介護もサポート!

人生の最期を自宅でと決めたものの、家族だけでは不安がある。そんな時に看護師の付き添いを頼めるサービスがある。介護保険にも訪問看護サービスがあるが、現実には24時間の在宅看護を、介護保険だけでまかなうのはとても無理だ。介護保険や医療保険では対応しづらい。可能であっても非常に使…続きを読む

個人向けの看護サービス「ナースアテンダント」は、家族だけでは不安な通院や在宅介護もサポート!

年金で子どもを養う親は簡単に死ねない!? 家族の延命希望で「寝たきり」に!

「ピンピンコロリ」という言葉がある。長患いや認知症などで家族に迷惑をかけることなく、ある日突然ぽっくり亡くなることを望む言葉だ。長野県には「ピンピンコロリ地蔵」が、千葉県にも「ぴんころ地蔵」なるものがあり、参詣者が後を絶たないという。 元気なうちに「ピンピンコロリといき…続きを読む

年金で子どもを養う親は簡単に死ねない!? 家族の延命希望で「寝たきり」に!

「福祉機器としてのパチンコ開発」の狙いは高齢者のパチンコ店への引き戻し?

日本全国、津々浦々、どこに行っても存在し、消費者の財布のひもが緩む、日本一のサービス産業とは何か? それはパチンコである。『レジャー白書』によると、2013年のパチンコ業界全体の売り上げは19兆円。国内市場だけで見れば、世界一の自動車企業トヨタを抜き去り、巨額の利益を稼ぎ出…続きを読む

「福祉機器としてのパチンコ開発」の狙いは高齢者のパチンコ店への引き戻し?
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇