個人向けの看護サービス「ナースアテンダント」は、家族だけでは不安な通院や在宅介護もサポート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nurse.at.jpg

看護師付き添い支援を行う「株式会社ナースアテンダント」(画像は公式HPより

 人生の最期を自宅でと決めたものの、家族だけでは不安がある。そんな時に看護師の付き添いを頼めるサービスがある。介護保険にも訪問看護サービスがあるが、現実には24時間の在宅看護を、介護保険だけでまかなうのはとても無理だ。介護保険や医療保険では対応しづらい。可能であっても非常に使い勝手が悪い。そんな声に応えて始まったのが、看護師付き添いサービス「ナースアテンダント」だ。

遠方移送付き添いの要望に対応できない現場

 最期を自宅でという時だけではない。退院や転院で遠方への移動が必要な時など、家族だけでは医療面での対応ができるか心配だ。もし看護師が付き添えば、吸引や酸素吸入などの医療支援ができ、心強いことこの上ない。

 しかし、介護保険ではそもそも遠方移送のようなケースを想定していない。全額自費でよいからと頼み込んでも、まず断られる。いちばんの問題は、人員の手当てがつかないことだ。訪問看護の現場は忙しく、定期利用の人たちで手いっぱいのことが多い。遠方への移送は、スタッフにとっては往復の時間がかかる。丸1~2日の仕事となり、こうした要望への対応は非常に難しいのだ。

 在宅看護は家族だけで対応できるうちはいいが、最期は24時間体制になる。すると、ここでも人員の問題が発生する。多忙な訪問看護ステーションがどうにか人をやり繰りしてくれても、毎日のように違う人がやって来る、といったことになりかねない。

 「体調がかなり悪い時に、おそばに寄り添ってお世話をするわけですから、看護師との相性はとても大事です。長時間になればなるほど実感することと思います」と株式会社ナースアテンダントの看護師、長島摩耶さんは話す。

介護保険は通院付き添いに使いづらい

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔