野菜中心のヘルシーな食生活がいいのは65歳まで!? 高齢者の衰弱「フレイル」を防ぐ方法

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
frailty.jpg

積極的な介護予防でフレイル対策を! Rawpixel/PIXTA(ピクスタ)

 加齢に伴い、これまでできていたことができなくなったという話はよく聞く。度重なるもの忘れ、駅まで10分で歩いていたのに休み休みで20分かかるようになった、疲れやすくなり以前のように家事ができないなど――。

 それが理由で、外出したり人と会ったりするのも億劫になり、家に閉じこもってしまうことも少なくない。こんな状態になってしまうと、家族も「もう歳だから……」と、さらに弱っていくのを見守るしかなかった。そして、その先には、入院や要支援・要介護の状態が待っているはずだった……。ところが!

元気な頃に戻れるのか?

 これまで高齢者が陥る「虚弱」、あるいは「老衰」「衰弱」と思われていた状態について、日本老年医学会が「フレイル」という新たな言葉を提唱した。そして、この言葉を得たことにより、適切な介入によって「虚弱」や「老衰」から健康な状態に戻ることができるのだという。

 英語のFrailtyを元につくった「フレイル」は、健康な状態から要介護状態へ向かう中間地点の段階のこと。要するに、ほうっておけば転がり落ちるように要介護へと転ずるが、しかるべき対応により健康になる可能性があるのだ。

 アメリカのフレイルの評価方法は次の5つだ。

□体重が減った。
□歩く速度が遅くなった。
□握力が落ちた。
□疲れやすくなった。
□出かけなくなった。

 このうち3項目にチェックがつけばフレイルといえるそうだ。ロコモティブシンドロームやサルコペニアなど身体機能の低下だけでなく、閉じこもりがちになった(社会的)、意欲や認知機能の低下(精神的)など、フレイルは多面性を持っている。

 そして、この状態から抜け出すためには「適切な介入」や「適切な対応」が必要だ。ところが、2015年の介護保険改正により「要支援1・2」については自治体が取り組む「地域支援事業」となった。

 当然、自治体によって温度差が出ることは否めない。フレイルはこの「要支援1・2」の段階なので、地域の取り組みをただ黙って待っていては、待っているうちに要介護状態になってしまうかもしれない!

 そこで、人任せにせず自らフレイルから抜け出す努力をすべきだろう。その方法とは?

自分で家族で! フレイル予防

まさか20〜30代で「更年期障害」の症状が! まずは卵巣機能低下や自律神経失調症を疑え 
インタビュー「若年性更年期障害」第1回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

更年期障害といえば40代後半から50代の病気と思われがちだが、20〜30代で同様の症状が現れる患者も増えている。その症状と原因、治療、予防について、ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師に訊いた。