「介護」の記事一覧

寒冷地、豪雪地帯での「越冬入院」「越冬入所」は社会的入院と言えるのか!?

雪の多い北海道、北陸、東北地方などでは、冬の間だけ自宅を離れ病院や介護老人保健施設(老健)などに一時避難する「越冬入院」「越冬入所」と呼ばれる緊急措置が見られる。 最低気温がマイナス10℃~20度になってしまうような地域では、独居の高齢者の命に関わる。そこで10月下旬~…続きを読む

寒冷地、豪雪地帯での「越冬入院」「越冬入所」は社会的入院と言えるのか!?

家事ができず想定外の困難を抱える男性介護者!「コーヒー1杯入れたことがなかった」

妻や老親を介護する夫や息子たちが増えている。たまの休日に妻や嫁のサポートをするサブの介護者ではなく、誰も代わってくれる人がいないというようなメインの介護者だ。そういった男性介護者の数はすでに130万人に及んでおり、主たる介護者の3分の1を占めている。 身内の介護をしてい…続きを読む

家事ができず想定外の困難を抱える男性介護者!「コーヒー1杯入れたことがなかった」

親の老後は絶対に安泰か!? 増加している思いもよらぬ「老後破産」

厚生労働省の調査(2014年9月)によると、100歳を超える高齢者は全国で5万8,820人(男性7,586 人、女性5万1,234人)。調査が始まった1963年は153人だったが年々増加し、2012年には5万人の大台を超えた。日本は、世界でも類を見ないレベルの高齢社会に突入…続きを読む

親の老後は絶対に安泰か!? 増加している思いもよらぬ「老後破産」
自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛