特集「寝たきり老人」をつくる要因とは? 第3回

年金で子どもを養う親は簡単に死ねない!? 家族の延命希望で「寝たきり」に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
netakiri003.jpg

チューブからの栄養でいつまでも生き続ける?shutterstock.com

 「ピンピンコロリ」という言葉がある。長患いや認知症などで家族に迷惑をかけることなく、ある日突然ぽっくり亡くなることを望む言葉だ。長野県には「ピンピンコロリ地蔵」が、千葉県にも「ぴんころ地蔵」なるものがあり、参詣者が後を絶たないという。

 元気なうちに「ピンピンコロリといきたいね」と話し合っていても、いざパートナーや親が延命措置を施さないと命が危ないという状況になったとき、家族が本人の意向を無視した選択をする場合がある。「胃ろうでも人工呼吸器でもなんでもつけて、とにかく命だけは助けて」と。

胃ろうは「つけても地獄、断っても地獄」

 家族にしてみれば、命を永らえさせる方法があるのに、それを選ばないのは見捨ててしまうことになるのではないかという思いもある。特に、ある日突然、死に際に直面したらパニックに陥り思考停止となり「いつまでも温かな手を握っていたい、とにかくどんな形でも生きていてほしい」と強く望むケースがあるのだと言う。

 6月に発行された書籍欧米に寝たきり老人はいない 自分で決める人生最後の医療(宮本顕二、宮本礼子・著/中央公論新社刊)では、ある認知症家族会の人の言葉が紹介されている。

 「私は胃ろうについて相談されると、胃ろうはつけるも地獄、断るのも地獄とアドバイスします」

 延命措置を選んでも、選ばなくても、家族には葛藤が残る。だから、医学会が「終末期の高齢者には経管栄養や中心静脈栄養の適応がないことを示すことが必要だ」と著者は言う。

家族の生活がかかっているから、容易に死ねない

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆