「自宅介護」の記事一覧

毎年10万人が介護のために離職・転職......介護のある暮らしを社会のスタンダードに

出産・育児期にあたる30代で就業率が落ち込み、子育てが一段落した後に再就職する人が増える「M字型就労」は、日本の女性就労の特徴だといわれている。 ところが障害児家族は、就職率が30代で谷になったまま低迷する、いわば「滑り台型」就労だ。 さらに障害児家族の子育ては、…続きを読む

毎年10万人が介護のために離職・転職......介護のある暮らしを社会のスタンダードに

寝たきり大国200万人時代が到来! 栄養管理は? 体重管理は?

脳卒中や足腰の骨折などで寝たきり状態になると、途端に「介護」の二文字が家族に、そして周囲に、重くのしかかる。メタボリックシンドロームやロコモティブシンドロームなど、脳卒中や足腰の骨折を防ぐため、厚労省は躍起になっているが、がん健診や健康診断同様、疾患の実数はあまり減っては…続きを読む

寝たきり大国200万人時代が到来! 栄養管理は? 体重管理は?

車椅子で同じ"視線"を実現した トヨタの本気!

身体が不自由な人にも、移動の自由、出かける喜びを提供するのが「福祉車両」と呼ばれているクルマ。車椅子のままで乗り降りできる仕様車は、外出や送り迎えにも便利なため、高齢者の増加とともに、これからも需要が広がるカテゴリーだ。 そんななか、トヨタが新型の車椅子仕様車と同時に…続きを読む

車椅子で同じ
自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛