「自宅介護」の記事一覧

その薬大丈夫? 認知症患者への向精神薬などの多剤併用がますます症状を悪化させている!

認知症患者は10年後に800万人時代を迎えると言われる。しかし、ひとくちに認知症といっても類似の症状を示す疾病は70種類以上もある。しかも認知症は個別性が強く、高齢であれば他の持病も少なくない。いきおい大量の薬が処方されてしまうケースが増えてしまう。 仮に家族があるいは…続きを読む

その薬大丈夫? 認知症患者への向精神薬などの多剤併用がますます症状を悪化させている!

野菜中心のヘルシーな食生活がいいのは65歳まで!? 高齢者の衰弱「フレイル」を防ぐ方法

加齢に伴い、これまでできていたことができなくなったという話はよく聞く。度重なるもの忘れ、駅まで10分で歩いていたのに休み休みで20分かかるようになった、疲れやすくなり以前のように家事ができないなど――。 それが理由で、外出したり人と会ったりするのも億劫になり、家に閉じ…続きを読む

野菜中心のヘルシーな食生活がいいのは65歳まで!? 高齢者の衰弱「フレイル」を防ぐ方法

「ひとりじゃない!」 男性介護者120万人をサポートする全国のコミュニティ

昨年の話だが、2つのお祝いの式に呼ばれた。ひとつは、たぶん日本で初めての男性介護者の会「東京都荒川区オヤジの会」、もうひとつはこちらも京都市の行政区で初めてできた家族介護者の会「虹の会」(京都市西京区)。 どちらも発足20周年を祝う会だ。東京のほうはあいにく体調を崩…続きを読む

「ひとりじゃない!」 男性介護者120万人をサポートする全国のコミュニティ
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇