バイアグラ・レビトラ・シアリス……ネットで偽ED治療薬を買うリスクを考えよう

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイアグラ・レビトラ・シアリス……ネットで偽ED治療薬を買うリスクを考えようの画像1

「ED治療薬」の偽造品で副作用も(depositphotos.com)

 「ED(勃起不全)」患者は軽症を除いた、中等症と重症の患者の数だけ見ても、日本には推計1130万人いるといわれている。これは糖尿病の患者数よりも多く、EDはそれだけポピュラーな病気だ。

 「EDは、加齢によって血流が落ちると起こるもので、恥ずかしいことではありません。気になる人はきちんと病院やクリニックを受診してほしいと、私たちは訴えています。性機能が落ちても自分は困らない、という人は問題ありませんが……」

 こう話すのは、昭和大学藤が丘病院泌尿器科の佐々木春明教授。佐々木教授が「ED患者はきちんと医療機関で受診を」と訴えるのには訳がある。

 現在、ネット上では、ED治療薬の販売が横行している。そのなかには多くの偽造品が混じっており、服用者のなかには、深刻な健康被害に見舞われるケースが多発しているからだ。

偽ED治療薬による副作用も

 「現在、日本で認可されているED治療薬は、バイアグラ・レビトラ・シアリスの3種類。これら正規品でも、期待した以外の作用、つまり副作用がないわけではありません。めまいやほてり、頭が重くなるといった症状です。ところが偽造品の場合は、含まれている不純物による副作用を引き起こすことがあります」

 具体的には、じんましん、気分が悪くなる、不整脈、下痢、吐き気、首が痛くなる、食欲がなくなる……などだ。

 「なかには、勃起させる成分すら入っておらず、セックスに対するさらなる自信喪失につながり、EDが悪化する場合もあります」

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆