ED治療薬「バイアグラ」は心臓にも効く? 心疾患「ステント治療」でも有効だと判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ED治療薬「バイアグラ」は心臓にも効く? 心疾患「ステント治療」でも有効だと判明!の画像1

バイアグラは心疾患の治療にも有効(depositphotos.com)

 ED治療薬「バイアグラ」の意外な効果が判明した。

 男性の勃起不全(ED)に対する効果があるとされる「シルデナフィル(商品名:バイアグラ)」が、虚血性心疾患に対する「ステント治療」でも有効である――。

 ソウル大学病院(韓国)のHan-Mo Yang氏らの研究チームが、7月に開かれた米国心臓協会(AHA)のBasic Cardiovascular Sciences学術集会(BCVS )で報告した(「HealthDay News」 2017年7月10日)で発表した。

ステント留置後に経口投与すれば治療後の再狭窄に有効

 血管内にステント(小さな金属製の筒状の医療機器)を留置して血管を広げる「ステント治療」は、「心筋梗塞」や「狭心症」の標準治療として普及している。

 しかし、金属がむき出しの「ベアメタルステント(BMS)」は、血管の内膜が増殖して肥厚するため、血管が再狭窄するリスクがある。一方、ステントに薬剤を塗布した「薬剤溶出ステント(DES)」は、再狭窄リスクは少ないが、ステントの周囲に血栓ができるリスクがある。

 発表によれば、Yang氏らは実験でシルデナフィル(バイアグラ)が血小板の凝集を30%も抑制することを確認。また、シルデナフィル(バイアグラ)をラットに使用すると、動脈壁の肥厚を防ぐ酵素であるプロテインキナーゼG(PKG)の活性が増強された。

 つまり、ステントの留置によって血管が損傷すると、PKGの活性が低下し、血管壁の肥厚や血小板の凝集が促進されるが、シルデナフィル(バイアグラ)はPKGの活性を強化する事実が確かめられた。

研究者たちの評価は?

 Yang氏は「ラットを用いた研究なので、ヒトを対象とした大規模研究で検証しなければならないが、シルデナフィル(バイアグラ)はDESに塗布する薬剤としても、ステント留置後に経口投与する薬剤としても適している可能性がある。シルデナフィル(バイアグラ)がステント治療後の再狭窄に有効であることが確認されれば、すぐにも利用できる」と説明する。

 米ノースショア大学病院の心血管インターベンション治療医であるAvneet Singh氏も「ステント治療にシルデナフィル(バイアグラ)を用いるアプローチは有望だ。血栓や瘢痕化(血管の損傷)による再狭窄リスクは、ステント治療の弱点であるものの、シルデナフィル(バイアグラ)がさらに安全かつ有効なステント治療をもたらすかもしれない」と期待する。

 一方、米レノックス・ヒル病院のCarl Reimers氏は、この研究は心臓に近い冠動脈ではなく、心臓から脳へつながるラットの頸動脈を用いて行われたので、現時点では、臨床的意義があるかどうかを判断しかねる」とやや否定的だ。

 なお、この研究結果は、査読を受け、米国心臓協会(AHA)などの医学誌に掲載されるまでは予備的な成果とみなされている。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

市民のためのがん治療の会代表。舌がん治療による体…

會田昭一郎

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛