インタビュー「目指せフサフサピンピン!男性専門クリニック」第3回・メンズヘルスクリニック東京・小林一広院長

若いうちのEDは動脈硬化注意のサイン~不妊の原因の半分は男性である!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
若いうちのEDは動脈硬化注意のサイン~不妊の原因の半分は男性である!の画像1

不妊の原因の半分は男性である(depositphotos.com)

 日本では現在、1130万人が満足できる勃起ができていないといわれます。具体的には40代の2割、50代の4割、60代の8割がED(勃起不全)であると推測されているのです。

 男性ホルモンのテストステロンの低下が引き起こす「LOH症候群(男性更年期症候群)」について前回、様々な身体への影響を紹介したが、EDもそんなテストステロンの低下が引き起こす症状の一つだ。
 
 小林一広院長は「EDとは結局、血管の障害と言われているわけです。どうしてEDになるかというと、動脈硬化で、最初に海綿体の細い動脈がまずやられてしまう。これを放置していると、太い血管も動脈硬化になって、詰まって心筋梗塞になったり脳梗塞になったりもします。だから若いうちからEDが出ると、その人は動脈硬化が出やすい人だから注意してくださいねという話をします。EDは動脈硬化注意へのサインでもあるんですよ」と話す。
 
 テストステロンには神経や血管に作用し、一酸化窒素(NO)やその標的であるサイクリックGMPという分子を産生し勃起を促すという大切な働きがある。また異性を惹きつけるフェロモンを発生させる働きもあり、ドーパミンという興奮作用のある神経伝達物質を増やす効果もある。

 だからテストステロンが減少すると、身体と心からEDもなってしまうという。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆