インタビュー「目指せフサフサピンピン!男性専門クリニック」第3回・メンズヘルスクリニック東京・小林一広院長

若いうちのEDは動脈硬化注意のサイン~不妊の原因の半分は男性である!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
若いうちのEDは動脈硬化注意のサイン~不妊の原因の半分は男性である!の画像1

不妊の原因の半分は男性である(depositphotos.com)

 日本では現在、1130万人が満足できる勃起ができていないといわれます。具体的には40代の2割、50代の4割、60代の8割がED(勃起不全)であると推測されているのです。

 男性ホルモンのテストステロンの低下が引き起こす「LOH症候群(男性更年期症候群)」について前回、様々な身体への影響を紹介したが、EDもそんなテストステロンの低下が引き起こす症状の一つだ。
 
 小林一広院長は「EDとは結局、血管の障害と言われているわけです。どうしてEDになるかというと、動脈硬化で、最初に海綿体の細い動脈がまずやられてしまう。これを放置していると、太い血管も動脈硬化になって、詰まって心筋梗塞になったり脳梗塞になったりもします。だから若いうちからEDが出ると、その人は動脈硬化が出やすい人だから注意してくださいねという話をします。EDは動脈硬化注意へのサインでもあるんですよ」と話す。
 
 テストステロンには神経や血管に作用し、一酸化窒素(NO)やその標的であるサイクリックGMPという分子を産生し勃起を促すという大切な働きがある。また異性を惹きつけるフェロモンを発生させる働きもあり、ドーパミンという興奮作用のある神経伝達物質を増やす効果もある。

 だからテストステロンが減少すると、身体と心からEDもなってしまうという。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛