幻覚キノコ「マジックマッシュルーム」が<がん患者の絶望>を緩和~エクスタシーの有効性も確認!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mushroom0127.jpg幻覚キノコは医療的に有効か?(http://jp.depositphotos.com)

 

 エクスタシーの名前で知られる「MDMA」や幻覚キノコ「マジックマッシュルーム」も医療に使えるのではないか? アメリカでこんな動きがじわじわと進んでいる。

 新たな2件の小規模研究で、幻覚作用のある「マジックマッシュルーム」に含まれる成分トリプタミン・アルカロイドのシロシビンにより、がん患者の不安や抑うつが劇的に改善されることが示された。

 研究に参加した患者の1人は、シロシビンを服用すると「神の愛に包まれた」と感じ、その後も恐怖や不安は消えたままだったと、記者会見で話している。

新たな治療選択肢としてシロシビンを有望視

 2件の研究はいずれも対象例が約30~50例と小規模なもの。しかし、進行がん患者の多くはうつや不安の症状に苦しんでいるが、現在使用されている抗うつ薬では即効性が期待できず、かつ副作用が起きる問題もある。

 今回2件の研究で有効性が示されたことを受け、新たな治療選択肢としてシロシビンを有望視する専門家の論評も同誌に掲載されている。

 「Journal of Psychopharmacology」2016年12月号に掲載された2件の研究の付随論説を執筆した米コロンビア大学医療センター(ニューヨーク市)のCraig Blinderman氏は、「大規模研究で今回の結果が裏づけられれば、シロシビンの分類を医師が使用できる“スケジュール2”に変更することを検討すべきである」と述べている。

 シロシビンは米国麻薬取締局(DEA)により最も危険な“スケジュール1”に指定される違法薬物であるため、医師が使用することはできない。

 スケジュールⅠとは LSDなど医療に使えないと判断したドラッグの規制のこと。ちなみにスジュールII とは、医療に使えると判断したアンフェタミンやメチルフェニデートなど、スケジュールIIIとは医療に使えると判断したドラッグの規制で、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬などとなっている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆