「2017年1月」の記事一覧

なぜ日本人は「公共の場」でも居眠りができるのか?平均睡眠時間は男性6.44時間、女性6.32時間!

大寒波をやり過ごしても、まだまだ水も風も冷たい。冬来たりなば春遠からじ。日に日に、日の出が早まると、陽だまりに春がひたひたとにじり寄ってくるのが分かる。春眠暁を覚えず。「もうちょっと、寝床に居たいよ!」。唐代8世紀の叙情詩人、孟浩然(もうこうぜん)の切ない感嘆も聞こえてきそ…続きを読む

なぜ日本人は「公共の場」でも居眠りができるのか?平均睡眠時間は男性6.44時間、女性6.32時間!

「リステリン」が効く! オーラルセックスでの淋菌を予防~「性病は口では感染しない」は都市伝説

今、日本に性感染症が広がりつつある。厚生労働省は昨年11月、性感染症の予防や早期発見につなげようと、美少女戦士セーラームーンを起用したポスター「検査しないとおしおきよ!!」を発表し、話題を呼んだ。 国立感染症研究所の調べでは、昨年(2016年)7月3日時点で全国の「梅毒…続きを読む

「リステリン」が効く! オーラルセックスでの淋菌を予防~「性病は口では感染しない」は都市伝説

女性医師の患者のほうが生存率が高い!? 生き延びたければ女性医師を選べ!

「私、失敗しないので」という米倉涼子の決めセリフで人気の『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)や、吉田羊の主演で注目された『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』(フジテレビ系)など、昨年は女性医師が主人公のテレビドラマが話題になった。 いずれも、…続きを読む

女性医師の患者のほうが生存率が高い!? 生き延びたければ女性医師を選べ!
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太