「2016年10月」の記事一覧

常に「孤独」「ぼっち」を感じる人の14~27%に遺伝的影響! 恋人ができるかもDNAで決まる?

今年の七夕の日に亡くなられた永六輔さん。彼が作詞した「上を向いて歩こう」は国民的流行歌のひとつだが、いまだに歌詞の一部を「♪一人ぼっちの夜」と覚えて歌う人があとを絶たない。あれは「♪一人ぽっちの夜」なので、以後ご注意を。 もっとも近年は「クリぼっち(ひとりクリスマス)」…続きを読む

常に「孤独」「ぼっち」を感じる人の14~27%に遺伝的影響! 恋人ができるかもDNAで決まる?

「トクホ」初の取り消し処分発生!消費者にとって健康食品のエビデンスはどこまで重要?

9月23日、消費者庁は日本サプリメント株式会社のトクホ商品6点に対し、「既定の関与成分が含まれていなかった」ということで表示の取り消し処分を下した。1991年に保健機能食品制度が始まって以降、初の異例事態だという。 「トクホ」という言葉は、マスコミにも頻繁に登場しすでに…続きを読む

「トクホ」初の取り消し処分発生!消費者にとって健康食品のエビデンスはどこまで重要?

「都会」と「田舎」でこれだけ違う<脳ストレス> 都市生活者は不安障害やうつ病のリスクが増加

今、田舎暮らしを希望する人が増えている。 『産経WEST』によると、大阪に拠点を置くNPO法人の応じた田舎への移住に関する相談や面接が、この4年間で1.5倍に増えたという。相談者の半数以上が、若者や40代までの子育て世代だ。 ふるさと回帰支援センター、および大阪ふる…続きを読む

「都会」と「田舎」でこれだけ違う<脳ストレス> 都市生活者は不安障害やうつ病のリスクが増加
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志