ポケモンGOの危険性は容易に性犯罪ツールとして利用されやすいこと!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pokego1001.jpg

ポケモンGOの危なさはどこになる?(shutterstock.com)

 世界中でパンデミック状態を作り出し、あっという間の冷却化あるいは定着化を迎えた「ポケモンGO」。このゲームの危険性が本当はどんなところにあるのかを考えてみた。

 米サンディエゴ州立大学公衆衛生学教授のJohn Ayers氏の研究よると、ポケモンGO関連のツイッターの投稿を分析した結果、憂慮すべき数のプレイヤーが車の中や交通量の多い場所でこのゲームをプレイしていることが判明した。また、同ゲームに起因する自動車事故は、7月の10日間で少なくとも14件以上発生していることもわかった。

 7月の10日間に無作為抽出した4,000件のツイッターの投稿から、多くのプレイヤーが自動車に頼ってポケモンを探していることがわかった。今回の研究では、「ポケモン」「運転」「車」などの単語が含まれるツイッターの投稿のほか、「ポケモン」「運転」という単語の含まれるニュース報道も調べた。

 その結果、3分の1の投稿が、ドライバー(約18%)、同乗者(11%)、歩行者(4%)がポケモンGOにより注意散漫になっていることを示唆するものであった。ツイッター全体では同様の報告が10日間で約11万4,000件あったと推定された。この知見は「JAMA Internal Medicine」オンライン版に9月16日掲載された。

 ポケモンGOのターゲット層である16~24歳では、死亡原因の首位は自動車事故であるとAyers氏は指摘する。米国自動車協会(AAA)によると、若いドライバーは注意散漫になりやすく、この年代による交通事故の59%は6秒以内の注意散漫に伴い生じている。

 ポケモンGOは移動速度が時速10マイル(約16km)を超えるとプレイが制限されるが、この制限は容易に解除できるため、運転中のプレイに大きな影響はない。ヘルスデーは、ゲームの製造元であるNiantic社に接触を試みたが、コメントは得られなかった。

 Ayers氏は、「ゲームやスマートフォンの製造者は、自動車での移動中や赤信号での停車中、さらには車道の近くや駐車場においても、こうした拡張現実ゲームのプレイを制限する対策を取る必要がある」と述べている。

 Adkins氏は、この種のゲームは今後も出てくると思われるため、注意散漫な状態で自動車を運転する危険性を理解することが不可欠であると指摘し、今回の研究はドライバーのスマホ利用がメッセージや通話に限らないことを示すものだと付け加えている。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆