「2016年5月」の記事一覧

「柔軟仕上げ剤」で頭痛、悪心……ニオイの苦情が急増中、癒やしの香りが「スメハラ」に!

もうすぐやってくる梅雨――。洗濯物が外に干せない時期は、部屋干しで発生する、あの嫌なニオイが気になるもの。そんな悩みを解決してくれるのが、洗濯物に良い香りをつける「香りつき柔軟仕上げ剤」だ。 洗濯中や干しているとき、さらには身につけている間もフンワリといい香りが続き、「…続きを読む

 「柔軟仕上げ剤」で頭痛、悪心……ニオイの苦情が急増中、癒やしの香りが「スメハラ」に!

ヒトは3歳までに“舌が肥える”~嫌いな食べ物を克服する「3つの法則」

子どもの頃、あなたが嫌いな野菜はなんだったろうか? 例年8月31日(野菜の日)にタキイ種苗株式会社が発表する「2015年度野菜と家庭菜園に関する調査」によれば、子どもの嫌いな野菜ランキングの第1位はピーマン、第2位にはゴーヤが続く。 ピーマンもゴーヤも苦味が強い野…続きを読む

ヒトは3歳までに“舌が肥える”~嫌いな食べ物を克服する「3つの法則」

健康情報のデータベース「コクラン・レビュー」とは? STAP細胞問題やディオバン事件で日本支部設立

人間は生きている限り、病気や事故、障害や老いは避けては生きられない。だが、一旦、肉体的にも精神的にも社会的にも健康を損なえば、すべてを失うかもしれない。そのような不測の事態に出会った時、あなたはどのように行動するだろうか? たとえば、ある日突然、あなたががんと診断された…続きを読む

健康情報のデータベース「コクラン・レビュー」とは? STAP細胞問題やディオバン事件で日本支部設立
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔