>  >  > 健康情報のデータベース「コクラン・レビュー」とは?

健康情報のデータベース「コクラン・レビュー」とは? STAP細胞問題やディオバン事件で日本支部設立

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cochrane.000.jpg

2014年5月に日本支部が設立(写真はコクラン・レビュー日本語サイトより)

 人間は生きている限り、病気や事故、障害や老いは避けては生きられない。だが、一旦、肉体的にも精神的にも社会的にも健康を損なえば、すべてを失うかもしれない。そのような不測の事態に出会った時、あなたはどのように行動するだろうか?

 たとえば、ある日突然、あなたががんと診断されたとしよう。世の中には、がんに関する健康・医療情報はあふれかえっている。ネット上や書籍、闘病記、玉石混淆の情報の大海を泳ぎながら、あなたは真実の情報を見抜き、求めたい情報の島へ辿り着けるだろうか?

 そんな時、あなたを強力にアシストしてくれる、信頼できる最善・最適な医療情報データベースがある。それが「コクラン・レビュー」だ。

分からない知りたい最新・最善のヘルスケア情報をサポート

 コクラン・レビューとは何か――。この治療法は正しいのか? この健康法は正確か? この薬は効果があるのか? この疑問に対して、ランダム化比較試験(RCT)を行ったデータを明確なエビデンス(科学的根拠)に基づいて検証・評価・分析し、その結果を定期的に更新する「コクラン共同計画」が作成しているシステマティックレビュー、それがコクラン・レビューだ。

 ランダム化比較試験は、データのバイアスを軽減するため、被験者を無作為(ランダム)に処置群(治験薬群)と比較対照群(治療薬群、プラセボ群など)に分けて実施し、客観的に治療効果を評価する試験をいう。

 システマティックレビューは、世界中の夥しい研究論文を検証し、信頼できるエビデンスの結論だけを系統的に明示している医療データベースを指し、次のステップを踏んで作成される。テーマを絞る/研究結果をもれなく集める/研究の質を詳細にチェックする/質の悪い研究は除外しバイアス(偏り)のない論文だけを厳選する/良質なデータをまとめて分析する(メタアナリシス)/中立的な視点に立って得られた結果から結論を導く。

 システマティックレビューのメリットは、多くの文献を探したり、調べたりする時間や労力が省けるので、医師などの医療従事者は、より適切な診断や治療を行える。患者も国民も、エビデンスに裏づけられた意思決定ができる点だ。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆