アルビノ(先天性白皮症)への襲撃・誘拐・人身売買・虐殺がアフリカで多発、国連が緊急警告!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_albino.jpg

アルビノの悲劇を拡大するな!Dietmar Temps / shutterstock.com

 5月1日付けのAFPBB Newsによれば、国連(UN)のアルビノ(先天性白皮症)の人権問題の専門家で、自らもアルビノのイクポンウォサ・エロ氏は4月29日、アフリカ南東部マラウイに居住するアルビノの殺人事件が頻発しているため、アルビノが壊滅する危機に瀕していると警告した。

高額で取引されているアルビノの人々の身体

 マラウイの裁判所は先週、アルビノの女性(21)を殺害した2人の男性に対して禁錮17年を言い渡した。警察の報道官によれば、女性を殺害した女性のおじ(38)と共犯者は「殺害したのは悪魔だ」と訴え、寛大な措置を求めたという。

 12日間にわたって現地を調査したエロ氏は、「2014年からアルビノの人々への襲撃、誘拐、殺人がマラウイ警察に65件も報告されている。1万人いるアルビノの人口を脅かすほどの危機的状況だ」と報道陣に語った。

 エロ氏によれば、マラウイではアルビノの人体の一部を持っていると、富を増やし、事業を繁栄させ、雇用を促進すると妄信されているため、アルビノが犠牲になっている。また、死後も遺体の一部が墓地から盗まれ、高額で取引されているという。

 アフリカ南東部のタンザニアでは2000~4000人に1人の高確率でアルビノの子どもが生まれ、アルビノへの差別や迫害、人身売買や虐待、傷害や殺人が多発している。

 なぜアルビノの人々は迫害を受けているのか?

 頭、腕、脚、舌、性器を手に入れるアルビノ狩りが日常的に起きているのは、アルビノの体内に特別な秘薬や魔術が宿り、幸運や繁栄、悪病の快癒をもたらすと信じられているからだ。アルビノの女性と性交するとエイズが治ると信じられている地域もあり、レイプ被害も深刻化している。これらの迷信の発端は不明だ。

 だが、呪術師ら約800人が所属する呪術師協会のユスフ・ニャキラ会長によれば、人体を使う呪術は伝統に反するが、一部の呪術師が人々を欺いているのが原因と説明する。

 また、タンザニアでアルビノの人々を支援する国際NGOによれば、迷信は白人へのコンプレックスが関係していると見る。つまり、ほとんどが有色人種のアフリカでは、白い肌は植民地支配の記憶を甦らせるので、豊かさへの羨望の裏返しとして、アルビノへの迫害や排除につながっていると指摘する。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔