いまだにいる「オレの流儀で“シートベルトはしない”」!? 明暗を分ける「後部座席の着用」

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
88508-2.jpg

2008年6月の道交法改正で「後席もシートベルト着用」も義務化されたが(shutterstock.com)

 今年も『春の全国交通安全運動』(4月6日~15日)の季節が近づいてきた。内閣府が掲げる2016年の運動基本は「子供と高齢者の交通事故防止」、重点は下記の3本柱である。

①自転車の安全利用の推進(特に自転車安全利用五則の周知徹底)
②後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
③飲酒運転の根絶

 うち②については日本自動車工業会(自工会)も連動キャンペーンを展開。4輪運転手には「後席もシートベルト」、2輪ライダーには「あごひも、しっかり、ヘルメット」のスローガンを訴求する。

 さらに今春の自工会は、いがらしみきお氏の人気4コマ漫画『ぼのぼのと仲間たち』の登場キャラを起用して期間アニメを制作。専用webサイト上や屋外大型画面、高速のSAや東京・大阪のタクシー車内でもモニター放映するほどの熱の入れようだ。

2013年以降は頭打ちの後席着用率

 その背景には2008年6月の道交法改正で義務化された「後席もシートベルト着用」の周知・徹底が近年は頭打ちになったことが挙げられる。

 昨秋、JAF(日本自動車連盟)と警視庁が組んで行なった『シートベルト着用状況全国調査』でも、下記のようなお寒い実態が明らかにされた点があるだろう。

 同調査によれば、一般道での後席着用率は35.1%。運転席が98.4%、助手席が94.6%に比べると後席利用時の安全意識の低さは歴然だ。

 しかし現実は、2015年中の後席乗車中死者152人のうち、非着用者は105人(約69.1%)。その30.5%に当たる32人は、車外放出で死んでいる。

 一方、高速道路(含む自動車専用道路)上の後席着用率は71.3%(前年70.3%)と、2002年の調査開始以来最高の好成績を記録。一般道(35.1%)との意識差が浮き彫りになった。そんな話題を先日乗車した法人タクシーの運転手にふってみたら、彼はこう返してきた。

 「なるほど、納得の数字ですね。実車ボタンを押すと着用ガイドの音声も一応は流れるんですが、一番多い反応は『後ろはいいよね』とか『近いから』とかしない人の言い訳」

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘