「2016年2月」の記事一覧

赤ちゃん言葉は日本特有のマザリーズ!? 産まれる前から羊水の中でお母さんの声を聞いている!

お母さんのお腹中にいる時、赤ちゃんは羊水に包まれて生きている。ちょうどプールの中に潜っているような感じだ。外の音は聞こえないが、お母さんの体内からダイレクトに響いてくる声は、赤ちゃんによく届く。 話している言葉の意味は分からないが、赤ちゃんは、声の音色、話し方、話すリズ…続きを読む

赤ちゃん言葉は日本特有のマザリーズ!? 産まれる前から羊水の中でお母さんの声を聞いている! 

つんくチルドレンが続々と第一子を出産~第一子をめぐる“神話”と拍子抜けの事実

米東部時間2月16日13時36分に「マー君」こと田中将大投手(米大リーグ・ヤンキース)の第一子が誕生。3360gの男児で、母親の里田まいさん(31)共々健康だと公式に発表された。 一方、日本時間の16日、夫で俳優の山崎育三郎さんとの連名で「第一子懐妊」の祝報を公表した…続きを読む

つんくチルドレンが続々と第一子を出産~第一子をめぐる“神話”と拍子抜けの事実

犬や家畜と暮らすと小児喘息が減る!? アニマルセラピーの効果は「心のケア」だけではない!

犬や家畜がいる家庭で育つと小児喘息に罹りにくい、しかも、1歳までに犬や家畜と接触すると6歳までに小児喘息に罹るリスクが低下する――。 このような研究結果が、電子版『JAMA Pediatrics』誌の記事「Early Exposure to Dogs and Farm …続きを読む

犬や家畜と暮らすと小児喘息が減る!? アニマルセラピーの効果は「心のケア」だけではない!  
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真