「2016年2月」の記事一覧

DNA鑑定秘話〜ハンカチに付着した100年前のプレイボーイの精液からDNAを検出

ガブリエーレ・ダンヌンツィオ(1863〜1938年)は、イタリア歌曲の天才フランチェスコ・パオロ・トスティが作曲した「暁は光と闇とを分かつ」の作詞者として知られるイタリアの詩人・作家だ。余程の歌曲通でなければ、ダンヌンツィオを知る人は少ないだろうか? ムッソリーニに先駆…続きを読む

DNA鑑定秘話〜ハンカチに付着した100年前のプレイボーイの精液からDNAを検出

清原和博は更生できるか?薬物依存はサポートなしでは再犯する確率が高い

球界のみならず日本中に衝撃を与えた元プロ野球選手・清原和博の覚せい剤による逮捕劇。その後の報道で、彼の抱えていた薬物依存の深い闇が明らかになってきた。 2月1日に捜査員が自宅に踏み込んだときに、注射器とストローを持っていたという清原容疑者。所持していた覚せい剤は、群馬県…続きを読む

清原和博は更生できるか?薬物依存はサポートなしでは再犯する確率が高い

日本の歯科治療費は激安だった! アメリカから全額負担で治療しに来る人も!

世界に誇れる日本の国民皆保険。歯科医院に行けば当然のごとく保険証を窓口に出し、治療を受ける。予防から義歯、歯周病まで保険治療で出来る範囲は広い。一部の治療(インプラント、セラミックの被せ物など)を除き、患者は均等に高度な歯科医療を受けることができる。保険証1枚あれば安心して…続きを読む

日本の歯科治療費は激安だった! アメリカから全額負担で治療しに来る人も!
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真