シリーズ「最新の科学捜査で真犯人を追え!」第11回

毛髪、フケ、体毛、犯人が身に着けていた衣服の繊維……微細な遺留品でも犯人像は丸見え!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
23207-2.jpg

遺留品から全てがわかる(shutterstock.com)

 「犯罪現場では人と人、人と物のあいだで、必ず証拠が交換される」――エドモンド・ロカール(フランスの犯罪学者)

 地球は広いが、文明との接触を拒むアマゾン奥地の未開部族でも丸裸で暮らしている人はまずいない。ましてや、犯罪を企てる不逞の輩が下着や衣服を身につけずに犯行に及ぶとは、まず考えにくい。

 愉快犯ならいざ知らず、犯罪者なら警察の捜査の手から逃れるためにすることは、ただひとつ。犯行現場に指紋や遺留品などの証拠を残さないことだ。だが、犯行を隠蔽しようとトリックを小細工しても、完全犯罪は成り立たない。なぜなら、仮に素っ裸のまま犯行に及んだとしても、本人が知ろうが知るまいが、体からタンパク質や脂肪などの有機物が抜けたり、剥がれたり、飛び散ったりしてしまうからだ。毛髪、フケ、体毛、垢、爪、汗、唾液、血液、体液、そして、犯人が身に着けていた衣服の繊維も……。

 犯行現場を見渡せば、どのように証拠隠滅を図っても、犯罪者は目に見えない夥しい痕跡を残したまま、逃走している。だれも科学捜査(成分分析)の厳しい網の目をくぐることはできない。

 犯罪者が残すまいと思っても、いつの間にか残してしまう動かぬ証拠、それが毛髪と繊維だ。毛髪と繊維は、犯行現場に自然と落ちるからだ。被害者の体に犯人の着衣の繊維が残っていたり、犯人の車の中に被害者の着衣の繊維が残っているケースは少なくない。ひと口に繊維と言っても、ポリエチレン、ポリプロピレンから、アクリル、ナイロン、ポリエステル、綿、レーヨンまで、その種類や特徴は実に多種多彩だ。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫